頭文字<イニシャル>D third stage 作品情報

いにしゃるでぃーさーどすてーじ

大ヒットアニメ「頭文字D」がついに映画化!“AE86-ハチロク-”とライバル車との数々のカーバトルが3DCGでスクリーンに炸裂!

主人公・拓海はまだ自分の内に潜む天才的な才能に気付くことなく毎日を送る普通の高校生3年生。ある日実家の豆腐配達の帰りに峠を下っていた拓海は、群馬最速を誇る走り屋チーム「赤城レッドサンズ」のナンバー2・高橋啓介の車を追いぬいてしまった。無名の拓海が、それも“AE86-ハチロク-”という時代遅れの車が最新の峠仕様車を負かしたときから、思いかけず彼の走り屋人生が始まる。数々のハイスペックな車とのバトル、走り屋としての見出せない自分の方向性、そしてお互に想いを寄せあいながらすれ違いを続ける同級生なつきとの恋、新しい旅立ちの時期を迎える中、拓海が見つけたものとは…。

「頭文字<イニシャル>D third stage」の解説

週刊ヤングマガジンで大ヒット連載中の同作品を、1998年にはじまったテレビシリーズではカーバトルシーンを3DCG化。ディティ-ルで定評のあったバトルの描写をリアルなCGで描くことにより実写に匹敵するほどの映像化で話題に。映画でもスペック的に圧倒的に劣っていたハチロクが今回強力なレース用エンジンを積み“ランエボ”や“MR2”そして“RX-7”等のライバル車と迫力あるバトルをくりひろげる。実際の中古車市場でも“AE86-ハチロク-”と呼ばれる10年以上昔のトヨタスプリンタートレノ/レビンが高騰するなどの社会現象(?)呼んでいる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年1月13日
キャスト 原作しげの秀一
監修土屋圭市・ホットヴァージョン編集部
監督山口史嗣
声の出演三木眞一郎 石塚運昇 岩田光央 川澄綾子 子安武人 関智一
配給 東映
制作国 日本(2000)

(C)しげの秀一/講談社・トゥーマックス・オービー企画

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「頭文字<イニシャル>D third stage」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-14 09:28:17

広告を非表示にするには