冷たい一瞬<とき>を抱いて 作品情報

つめたいときをだいて

少女虐待、近親相姦という現代の病巣を取り上げた愛の映画。アメリカ映画界に封印された問題作、世界初の劇場公開!

サウスキャロライナ。事故により昏睡状態のアニーから生まれたボーンは、とうの昔に父が追い出されていたため、私生児として届けだされる。その後、素敵な男性が現れることを夢見る母の前に、理想の男ライルが登場。しかし、アニー親子の幸福は長くは続かなかった。家族のために掛け持ちで働くライルは、交通事故で死んでしまったのだ。そんなある日、近くのカフェで働くアニーの前に名門の出身で、家族想いのグレンが現れる。しかし、彼にはヒステリックで病的なところがあった…。アニーはグレンの子を死産。彼はは失業し、家族は引越しを繰り返す。そんな中、グレンはプライドと現実の狭間でいつまでもライルを思うボーンに苛立ちを感じ、「教育」という過酷な折檻をする。やがてそれは虐待へと変化し、時刻のような日々が続いていく…。

「冷たい一瞬<とき>を抱いて」の解説

病めるアメリカかに正面から挑んだこの映画は、カンヌ国際映画祭でセンセーションを巻き起こし、アメリカ国内でのプレビューでも高い評価を受けた。しかし、その悲劇の結末と問題提起の過激さから、上映配給中止となり、アメリカ映画界によって抹殺された。しかし、この映画の日本国内における配給権を有する会社が35ミリプリントを保有していたことから、今回劇場公開が可能となった。賛否両論の嵐を呼んだ問題作、ついに公開!

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年1月6日
キャスト 監督アンジェリカ・ヒューストン
出演ジェニファー・ジェイソン・リー ロン・エルダード クリスティーナ・リッチ
配給 ファインアーツエンタテインメント
制作国 アメリカ(1997)
上映時間 97分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「冷たい一瞬<とき>を抱いて」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-04 16:16:43

広告を非表示にするには