2019年1月 第3週の映画ランキング

今週のランキングは、『マスカレード・ホテル』(東宝)が土日2日間で動員48万4000人、興収6億3300万円をあげ初登場1位を飾った!

集計日付:2019年1月19日~2018年1月20日

 今週の映画動員ランキングは、『マスカレード・ホテル』(東宝)が土日2日間で動員48万4000人、興収6億3300万円をあげ初登場1位を飾った。初日から3日間の累計では動員61万人を突破、興収は8億円に迫る勢いのヒットスタートとなっている。累計355万部を突破する、東野圭吾作品屈指の人気シリーズ第一作「マスカレード・ホテル」を、木村拓哉初の刑事役、その木村と初共演となる長澤まさみ他、小日向文世、菜々緒、生瀬勝久ら豪華キャストで実写映画化したミステリードラマ。監督は「HERO」でも木村とタッグを組んだ鈴木雅之が務めている。

  公開から11週目を迎えた『ボヘミアン・ラプソディ』(FOX)は、土日2日間で動員17万2000人、興収2億4900万円をあげ2位をキープする大健闘。累計では動員720万人、興収99億円を突破し、今日、明日中にも興収100億円突破を達成する見込みだ。

  先週1位でスタートを切った『劇場版Fate/stay night Heaven's FeelⅡ. lost butterfly』(アニプレックス)は、3位にランクイン。

  刀剣を擬人化した刀剣育成シミュレーションゲームを原作に、アニメ、ミュージカル、舞台で人気を博してきた「刀剣乱舞」初の実写映画化作品『映画刀剣乱舞』(東宝映像事業部)は、5位に初登場。キャストには、舞台でも活躍する鈴木拡樹ら若手俳優陣に加え、山本耕史、八嶋智人ら実力派が脇を固める。監督は「暗黒女子」の耶雲哉治。

  他新作では、リュック・ベッソンが製作・脚本を務める大人気カー・アクションシリーズの第5弾『TAXi ダイヤモンド・ミッション』(アスミック・エース)が8位でスタート切っている。

  既存作品では、4位の『シュガー・ラッシュ:オンライン』(ディズニー)が累計で、動員281万人、興収34億円を突破、6位の『ドラゴンボール超 ブロリー』(東映)が、動員290万人、興収37億円を突破している。

最終更新日:2019-01-29 15:30:01

広告を非表示にするには