退屈な日々にさようならを 作品情報

たいくつなひびにさようならを

東京。映画監督の梶原は、まだ映画だけでは食べていけず、飲み会で知り合った男からMVの仕事を依頼される。ところがその仕事は、途中で頓挫。あれよあれよという間に、想像もつかない事態に巻き込まれていく。一方、女優の青葉は、恋人の映画監督・山下の自殺を看取ったものの、その死体を隠してしまう。そして、田舎で亡き父から継いだ造園業を営む太郎は、会社を畳む決心を固める。会社を畳んで数年後。太郎には18歳の時に家を飛び出して以来、10年近く連絡のつかない双子の弟・次郎がいた。ある夜、太郎の元に次郎の彼女を名乗る女性から電話がかかってくる。その話によると、同棲していた次郎が最近いなくなったというのだが……。

「退屈な日々にさようならを」の解説

「知らない、ふたり」の今泉力哉が、東京と福島を舞台に“新しい死生観”と“映画作り”をテーマに綴った群像劇。東京で映画監督をしている梶原は、知り合った男から受けたMVの仕事が頓挫。あっという間に、想像もつかない事態に巻き込まれていく……。出演は「あの女はやめとけ」の内堀太郎、「密かな吐息」の村田唯。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年11月19日
キャスト 監督今泉力哉
出演内堀太郎 矢作優 村田唯 清田智彦 秋葉美希 猫目はち りりか 安田茉央 小池まり 疋田健人 川島彩香 水森千晴 カネコアヤノ 松本まりか
配給 ENBUゼミナール
制作国 日本(2016)
上映時間 142分
公式サイト http://enbuzemi.co.jp/cinemaproject/?page_id=539

(C)ENBUゼミナール

動画配信で映画を観よう! [PR]

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「PineWood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-06-28

キネカ大森で<サッドテイー>との二本立ての今泉力哉監督特集で観た。軽妙なタッチで描かれた恋の狂騒曲の前作と比べ、本編は3.11以後のフクシマと東京を繋ぐヒッチコック-タッチの愛のミステリー!死生観を描出するエピソードに加え、商業ミュージック-テープのビデオ映像に手を出す監督の葛藤-拘りがー。洗練された前作の男女仲の物語にフクシマの大地の匂いが加わった。林檎公園の砂場でジャンプして歌うラストシーンが清々しい♪

最終更新日:2024-06-30 02:00:13

広告を非表示にするには