進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド 作品情報

しんげきのきょじんあたっくおんたいたんえんどおぶざわーるど

超大型巨人によって破壊された壁を修復するため、保護地域から出発したエレン達調査兵団は、巨人の急襲に遭い窮地に陥いる。戦いの中、仲間のアルミンをかばい、巨人に飲み込まれてしまうエレン。誰もが絶望しかけた時、謎の黒髪の巨人が出現、他の巨人達を駆逐し始めた……。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」の解説

巨人が人間を捕食する暗黒の世界を描いた諫山創の大ヒットコミックを樋口真嗣監督が実写映画化した2部作の後篇。

大型巨人が人類を補食するという諫山創の大ヒットコミックを実写化した2部作後篇。壊された壁の修復のため保護地域を出るも、急襲によって窮地に陥った調査団。誰もが絶望しかけた時、仲間をかばい喰べられたはずのエレンが黒髪の巨人となって出現する。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2015年9月19日
キャスト 監督樋口真嗣
原作諫山創
出演三浦春馬 長谷川博己 水原希子 本郷奏多 三浦貴大 桜庭ななみ 松尾諭 渡部秀 水崎綾女 武田梨奈 石原さとみ ピエール瀧 國村隼
配給 東宝
制作国 日本(2015)
年齢制限 PG-12
上映時間 88分

(C)2015映画「進撃の巨人」製作委員会(C)諫山創/講談社

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、9件の投稿があります。

P.N.「A」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-02-21

映画オリジナルストーリーとして後編をみないと価値がない。
後編のほうの興行収入が著しく悪かったというのが実にもったいない。いっそ、前後編一挙公開すればよかったのに…

俳優さんの体をはった動きに脱帽です。
原作が完結しようとしている今、映画をつくられた当時映画での完結をむかえるため、なぜリヴァイではなくシキシマ隊長が必要だったのか、いまだからこそわかる気がします。原作でのリヴァイを尊重すればこそだったのでは!?
エンドロールの最後まで観たとき、映画公開時と同年にアメリカドラマでやっていたウェイワードパインズを思いだした。塀の中、外に敵、真実を知らない塀の中の住人ってところが被っているだけだけど。
グロい描写があるので、原作、映画ともに避けてきた作品。もっと早くに自分の眼でみればよかったと思った作品。

最終更新日:2024-02-14 18:08:50

広告を非表示にするには