サイレント・ウォー(2012) 作品情報

さいれんとうぉー

中国共産党と国民党が争っていた時代。内戦に敗れた国民党は台湾へ逃れたが、その残党はまだ暗躍していた。共産党は敵の動向を監視するため、秘密裏に“701部隊”を設立。国民党の無線通信を傍受し、解析を続けていたが、ある日突然その通信が途絶えてしまう。部隊の責任者である郭興中(ワン・シュエピン)、通称“老鬼”は、新たな通信を探り出すために聴覚に優れた人材を集めようと、コードネーム“200号”、諜報員の張学寧(ジョウ・シュン)に密命を下す。それは、優れた能力を持つピアノ調律師・羅耳三(パル・シン)を探せというものだった。命令を受けて上海に向かった張は、羅耳三を捜し出すが、同時にそこで助手で盲人の調律師・何兵(トニー・レオン)と出会う。何兵の聴力が異常に発達していることを知った張は、彼を部隊に連れ帰る。張からモールス信号や通信技術を学んだ何兵は、やがて厳しい試験をくぐり抜け、見事に国民党の通信を発見。部隊の重要メンバーとなる。一方、コードネーム“重慶”と呼ばれる国民党の大物スパイを誘き出そうと罠を張る張だったが、抗争は混迷を極めてゆく……。

「サイレント・ウォー(2012)」の解説

「インファナル・アフェア」シリーズのアラン・マックとフェリックス・チョンが共同で監督・脚本を務めたスパイ・サスペンス。共産党と国民党が争っていた時代の中国を舞台に、暗号解読のために組織された共産党の特殊部隊の活躍を描く。出演は「グランド・マスター」のトニー・レオン、「クラウド アトラス」のジョウ・シュン。

内戦時代の中国が舞台のサスペンス。国民党の無線傍受と暗号解読をする共産党諜報機関“701部隊”は、人並み外れた聴力を誇る盲人の調律師・何兵をメンバーに迎え入れる。次々と通信発見に成功するなか、部隊は国民党の大物スパイ捕捉に挑む。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年4月5日
キャスト 監督アラン・マック フェリックス・チョン
原作マイジャー
出演トニー・レオン ジョウ・シュン ワン・シュエピン メイビス・ファン ドン・ヨン パル・シン キャリー・ン ヘンリー・フォン ジェイコブ・C・L・チャン ラム・ウェイ
配給 ツイン
制作国 中国=香港(2012)
上映時間 120分

(C)2012 Mei Ah Film Production Co., Ltd. All Rights Reserved.

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「サイレント・ウォー(2012)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-07-26 11:03:27

広告を非表示にするには