宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 望郷の銀河間空間 作品情報

うちゅうせんかんやまとにいちきゅうきゅうだいごしょうぼうきょうのぎんがかんくうかん

ドメル(声:大塚明夫)の執拗な攻撃に疲弊していくヤマトのクルーたちのなかには、“ヤマト計画”の実現性に疑問を感じる者も出始めている。ガミラスの威力偵察をかわそうとヤマトはワープするが、ワープアウトした宙域にはガミラスの大艦隊がいた。智将ドメルの策略にまんまとはまったヤマトの運命は……。危機を脱したヤマトは、補給のために惑星ビーメラに立ち寄る。ビーメラは地球に似た環境を有する、人類移住に適した惑星だった。古代(小野大輔)たちが調査に向かう間に、ヤマト計画に疑問を持つ一派が反乱を起こす。一方、古代たちは、不時着した異星船を発見する……。古代はビーメラ星に残された遺跡から、イスカンダルの情報を持ち帰る。それは、滅亡した文明の残した亜空間ゲートを活用すれば、一気に数万光年の大跳躍が可能になるというものだった。ゲートを再起動させるため、古代と真田(大塚芳忠)、森雪(桑島法子)がシステム衛星に乗り込むが……。ヤマトは亜空間ゲートによってバラン星にたどり着く。そこには1万隻ものガミラスの大艦隊が集結していた。大マゼラン銀河に到達するためには、バラン星のゲートを通過しなければならない。沖田(菅生隆之)はガミラス艦隊を強行突破する策に出る……。

「宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 望郷の銀河間空間」の解説

TVアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のリメイク全26話の第15話から18話を再編集した劇場版第5作。ワープアウトした宙域でガミラスの大艦隊に遭遇したヤマトは……。総監督は、「トワノクオン」シリーズの出渕裕。声の出演は、「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」シリーズの菅生隆之、「ねらわれた学園」の小野大輔。

1974年のTV版放映から人気を誇り続けるアニメ『宇宙戦艦ヤマト』のリメイクシリーズを再編集した劇場版第5作。地球と酷似した環境にある惑星ビーメラを調査する、宇宙戦艦ヤマトの乗組員たち。そこで彼らは、イスカンダルに関する情報と対峙する。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2013年4月13日
キャスト 監督出渕裕
原作西崎義展
出演(声)菅生隆之 小野大輔 桑島法子 鈴村健一 大塚芳忠 麦人 千葉繁 細谷佳正 赤羽根健治 國分和人 千葉優輝 チョー 田中理恵 佐藤利奈 平川大輔 藤原啓治 土田大 久川綾 内田彩 茅原実里 堀勝之祐 森田順平 若本規夫 秋元羊介 大塚明夫 山寺宏一 伊勢文秀 関俊彦 高城元気 はらさわ晃綺 遊佐浩二 森谷里美 木島隆一 宮本充 石塚運昇 小川真司 玄田哲章 江原正士 チョー 井上喜久子 伊東静 青山穣 中村浩太郎 広瀬正志 中田譲治 佐藤せつじ 辻新八 諏訪部順一 里卓哉 吉開清人 三浦綾乃 島香裕 チョー 江川大輔 優希比呂 大川透 小野塚貴志 岡村明美
配給 松竹
制作国 日本(2012)
上映時間 100分
公式サイト http://yamato2199.net/index_theater.html

(C)2012 宇宙戦艦ヤマト2199 製作委員会

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「宇宙戦艦ヤマト2199 第五章 望郷の銀河間空間」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-02-14 18:08:47

広告を非表示にするには