牙狼<GARO> MAKAISENKI <Vol.8> 22話~24話 作品情報

がろうまかいせんきぼりゅーむえいとにじゅうにわからにじゅうよんわ

「第22話 盟友」イデアと一体化してしまった鋼牙。烈花が必死の説得を試みても、それを受け入れることはなかった。鋼牙の心を取り戻せる者は只一人しかいないと判断した烈花は、急ぎその人物の元へ向う。鋼牙を救出すべく策を練る零、レオ、ワタル。そこに加勢に現れる邪美。そして、烈花と共にカオルがやってくる。カオルであれば鋼牙の心を取り戻せると考えたのだ。ところが、鋼牙が烈花に放った言葉の真意に迷ってしまう盟友たち。カオルの鋼牙への想いを聞き、一致団結する一同だったが…。「第23話 金色」真魔界へと向い動き出したイデア。盟友たちの尽力、そしてカオルの愛に救われた鋼牙は、カオルを邪美と烈花に託し、再びイデア内部への突入を決意する。その頃、イデアの中心部である玉座まで単身辿り着いたレオは、兄・シグマとの決着を付けるべく最後の戦いを挑む。鋼牙が脱出したことによりイデアは停止、シグマの野望もこれまでと思われた。しかし、心臓部であるはずのギャノンの骸に不穏な動きが発生。零、ワタルの力を借りて玉座に辿り着いた鋼牙は、そこに恐るべきものを見る…。「第24話 時代」復活したギャノンの攻撃に苦戦する鋼牙。イデアを破壊すべく、全ての魔戒騎士と魔戒法師が結集、総力戦の火蓋が切って落とされる。零、翼、レオ、ワタル、邪美、烈花、シグトたち全ての盟友たちと共に全力を尽くす鋼牙だったが、イデアを止めることは不可能と思われた…。果たして希望の光は絶望の闇を照らすことが出来るのか? 本当の守りし者とは一体誰なのか? そして、鋼牙が果たすべき約束とは一体何なのか?

「牙狼<GARO> MAKAISENKI <Vol.8> 22話~24話」の解説

特撮ドラマ『牙狼-GARO-』第2期を放送に先駆け、3話ずつ映画館で先行上映するシリーズ第1弾。人間の邪心に憑依する魔獣ホラーとの闘いを描く。原作・総監督は、「呀<KIBA> 暗黒騎士鎧伝」の雨宮慶太。出演は、「牙狼-GARO- ~RED REQUIEM~」の小西遼生、「おのぼり物語」の肘井美佳。

テレビ東京系で放送された人気特撮シリーズの第2シーズンの第22~24話を上映。邪心を持つ者に取り付くクリーチャー“魔獣ホラー”の群れと、彼らの討伐を使命とする魔戒騎士の最高位“ガロ”の称号を誇る青年が壮絶な戦いを展開する。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2012年2月18日
キャスト 原作雨宮慶太
出演小西遼生 肘井美佳 藤田玲 螢雪次朗 中村織央 松山メアリ 倉貫匡弘 さとうやすえ 松田賢二
出演(声)影山ヒロノブ
配給 東北新社
制作国 日本(2011)
上映時間 74分
公式サイト http://garo-project.jp/MAKAISENKI/

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「牙狼<GARO> MAKAISENKI <Vol.8> 22話~24話」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-02-14 18:09:04

広告を非表示にするには