抱きたいカンケイ 作品情報

だきたいかんけい

今から15年前のサマー・キャンプの夜。14歳のエマは言い寄って来たアダムをはねつける。エマ(ナタリー・ポートマン)とアダム(アシュトン・カッチャー)、それが初めての出会いだった。それから何度か偶然の再会を重ねるが、決してトモダチ以上にならなかった二人。だがある日突然、その場の勢いで男女の一線を越えてしまう。元カノのヴァネッサ(オフィリア・ラヴィボンド)が、人気TVスターだった父親(ケヴィン・クライン)と付き合っていると知ってショックを受けていたアダムは、新しい恋の始まりを感じる。だが、エマの口から出たのはセックス・フレンドにならないかという提案だった。エマは病院に勤める医師で週80時間労働、恋の駆け引きをしているヒマなどなく、人を愛して傷つくのが怖い、自称“恋愛アレルギー”だった。抱きたい時だけメールで呼び出す。それ以外はデートも恋愛感情も一切ナシ、嫉妬や束縛は厳禁、どちらかが恋したら即カンケイ解消。アダムの同意で契約は成立。互いの部屋、車のシート、病院のロッカールーム、果ては診察台で二人の刺激的で楽しいカンケイが始まった。ところが、アダムはエマの同僚サム(ベン・ローソン)から「君は便利な一時しのぎ。将来のパートナーは彼女を幸せにできる僕だ」と言われてしまう。確かにTV番組のアシスタントのアダムは、社会的には半人前だ。そんなある日、アダムは生理痛のエマのお見舞いにとカップケーキ、手作りスープ、そしてマイセレクトのヒーリングCDを持っていく。しかし翌朝、エマがキレた。うっかり恋人同士みたいに一緒に抱き合って眠ってしまったことが「サイアク中のサイアク」だという。ところが、今度は他の女と一緒にいるアダムにエマが嫉妬、二人は仲直りする。もはや恋心を抑えられないアダムは、本物のデートをしようと頼みこみ、1回だけならと承諾するエマ。そんな二人のカンケイが、胸を締めつける切ない恋になるとは二人はまだ知らなかった……。

「抱きたいカンケイ」の解説

抱きたい時だけのカンケイだった男女の恋の行方を描くラブロマンス。「マイ・ブラザー」のナタリー・ポートマンが製作総指揮と主演を務め、「Gガール 破壊的な彼女」のアイヴァン・ライトマンが監督。他の出演は「キス&キル」のアシュトン・カッチャー、「今宵、フィッツジェラルド劇場で」のケヴィン・クラインなど。

ナタリー・ポートマン、アシュトン・カッチャーのW主演によるラブ・ロマンス。ふとしたきっかけでセックスフレンド同士となった、女医とその男友達。そんな2人の間に、恋愛感情が生まれていく様子を軽妙なタッチで映し出す。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2011年4月22日
キャスト 監督アイヴァン・ライトマン
出演ナタリー・ポートマン アシュトン・カッチャー グレタ・ガーウィグ ミンディ・カリング リュダクリス オリヴィア・サールビー ケヴィン・クライン ケイリー・エルウィズ
配給 パラマウント ピクチャーズ ジャパン
制作国 アメリカ(2011)
年齢制限 PG-12
上映時間 110分

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:3点★★★☆☆、1件の投稿があります。

P.N.「あやりん」さんからの投稿

評価
★★★☆☆
投稿日
2011-05-01

まあアリガチな展開とオチです(苦笑)どんな関係であれどちらも人生の勝ち組。さらに容姿もイイんじゃさすが映画!! …1日映画の日に見たので男性が多いこと(;^_^A こんな内容楽しいのかなあ。

最終更新日:2024-05-28 10:51:53

広告を非表示にするには