トランスポーター3 作品情報

とらんすぽーたーすりー

国際廃棄物管理会社・エココープ社はウクライナで施設を操業する権利を得て、すでに土地も購入していた。有毒廃棄物をウクライナ国内に持ち込むには、ウクライナの環境大臣・レオニド・ヴァシレフが署名した正式書類が必要だった。しかし環境保護者で知られるレオニドは、エココープ社のような営利をむさぼる企業に自国を汚染させるはずがなかった。エココープ社はレオニドの署名を得るため、テロ対策のデルタ部隊出身で民間のボディーガードを請け負うジョナス・ジョンソン(ロバート・ネッパー)を雇う。ジョンソンは、レオニドの娘・ヴァレンティーナ(ナターリア・ルダコワ)を誘拐する。そして救出されないよう常にヴァレンティーナを動かしておくため、運び屋のフランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)に依頼する。しかしフランクはそれを断り、友人の名前をジョンソンの手下に告げる。フランクの友人・マルコムはその仕事を受け、ヴァレンティーナを乗せて車を走らせる。しかしジョンソンの手下に撃たれ、車ごとフランクの家に突っ込む。フランクはヴァレンティーナを救出しようとするが、そのとき何者かに殴られ、気を失ってしまう。気がつくとジョンソンのもとにいたフランクは、むりやりオファーを引き受けさせられる。フランクとヴァレンティーナは、車から20メートル以上離れると爆発するブレスレットをはめられ、都市から都市へと移動する。その道中は、常にレオニドが送り込んだ捜査官から追われ、ジョンソンの細かい監視が続く。フランクはジョンソンの指示通りに、マルセイユ、シュトゥガルト、ブタペスト、オデッサとヴァレンティーナを運ぶが、2人で逃げ出す方法を絶えず画策していた。

「トランスポーター3」の解説

ワケありの依頼品を運ぶプロの運び屋の活躍を描くアクション「トランスポーター」シリーズ3作目。主演は前2作に引き続き「バンク・ジョブ」のジェイソン・ステイサム。共演はTV『プリズン・ブレイク』のロバート・ネッパー。監督は「レッドサイレン」のオリヴィエ・メガトン。脚本は「TAXi」のリュック・ベッソン。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2009年8月15日
キャスト 監督オリヴィエ・メガトン
出演ジェイソン・ステイサム ロバート・ネッパー フランソワ・ベルレアン ナターリャ・ルドコワ セーム・シュルト ジェローン・クラッペ
配給 アスミック・エース
制作国 フランス(2008)
上映時間 103分
TV放映 2024年1月27日 BS12 土曜洋画劇場

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4.71点★★★★☆、7件の投稿があります。

P.N.「みぃ」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2009-09-01

1も2も、カッコよくてぇ、ハラハラ、ドキドキだったけどぉ、3もナカナカ良かったぁ。

最終更新日:2024-05-28 10:51:41

広告を非表示にするには