インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 作品情報

いんでぃじょーんずくりすたるすかるのおうこく

1957年、ネバダ州。ソ連軍の女諜報部員スパルコ(ケイト・ブランシェット)に拉致されて、米軍基地の襲撃にひと役かわされたインディ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)と相棒マック(レイ・ウィンストン)は、なんとか逃走することに成功する。スパルコが狙っているのは、宇宙の神秘の力を解き明かす秘宝として言い伝えられているクリスタル・スカルだった。考古学者として大学に戻るインディだが、FBIからソ連のスパイの容疑をかけられて職を解かれてしまう。やむなくイギリスへ向かおうとした彼が知り合ったのは、反抗的な若者のマット(シャイア・ラブーフ)だった。彼は、母とインディの友人であるオクスリー教授(ジョン・ハート)を救うため、インディを探していたのだ。インディとマットは南米でクリスタル・スカルを発見するが、スパルコ側に寝返ったマックによって捕えられ、アマゾンの奥地へと移送される。そこでインディが対面したのは、結婚式を迎える寸前で破局した元・恋人のマリオン(カレン・アレン)であり、マットが自分の息子であることを知り衝撃を受ける。錯乱したオクスリー教授とインディたちは、クリスタル・スカルを守るためにスパルコと攻防戦を繰り広げながら、伝説の黄金都市を探し続ける。ようやくそれを発見したとき、またしてもマックの裏切りによってスパルコも追いかけてきた。王国には、失われた歴史上の遺跡の数々が眠っていた。そして、13体のクリスタルたち。彼らは次元を超越した生命体だった。その最後のひとつにクリスタル・スカルが接続されたとき、宇宙と宇宙の裂け目が開き、そこにスパルコは吸収されていった。やがて、遺跡は跡形もなく消えた。インディとマリオンは、正式な結婚式を挙げる。それを見守るマット。こうして、インディJr3世はマットへと継承された。

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」の解説

「スター・ウォーズ」シリーズのジョージ・ルーカスと、「ジョーズ」「プライベート・ライアン」のスティーブン・スピルバーグが手を組んで、考古学者であり冒険家であるインディ・ジョーンズの活躍を描くアドベンチャー・ロマンの第4作。前作から19年振りの新作となり、米ソの冷戦時代を舞台に、これまでのシリーズを総括する内容となっている。インディ役のハリソン・フォードはもちろん、「失われたアーク」のカレン・アレンがヒロインを演じて、「最後の聖戦」のショーン・コネリーも写真で登場する。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2008年6月21日
キャスト 監督スティーブン・スピルバーグ
出演ハリソン・フォード ケイト・ブランシェット カレン・アレン レイ・ウィンストン ジョン・ハート ジム・ブロードベント シャイア・ラブーフ アラン・デイル
配給 パラマウント ピクチャーズ ジャパン
制作国 アメリカ(2008)
上映時間 122分
TV放映 2023年12月26日 BS12 年またぎ映画祭
2023年6月30日 日本テレビ 金曜ロードショー

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:3.81点★★★☆、60件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-11-19

テレビ放映でたまたま目にした本編、冒険活劇のコミック調のスタイルを踏襲しながら、より現代的な構想が在る様だ。本シリーズや旧作映画のセルフ・パロディも有るらしいがー。過去の映画体験の記憶が其のルーツに…。ラストシーン等は聖書映画〈十戒〉見たい何だね。現代への警句かな🎵

最終更新日:2024-02-14 18:08:46

広告を非表示にするには