機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者 作品情報

きどうせんしぜーたがんだむほしをつぐもの

宇宙世紀0087年。コロニー国家“ジオン公国”との“一年戦争”終結から7年、平和を取り戻した地球圏で新たな戦乱が起きようとしていた。腐敗した地球連邦政府の軍内部に地球至上主義者によって組織された“ティターンズ”と呼ばれるエリート部隊が、スペースノイド(宇宙移民者)たちへの弾圧を始めたのである。これに対し、一部の人々は反地球連邦組織“エゥーゴ”を設立。ジオン公国のエース・パイロットであったシャア・アズナブルも、クワトロ・バジーナと名前を変え、それに参加していた。ある日、戦後に建造されたスペース・コロニー“グリーン・ノア1”で、ティターンズが開発していると言う新型の“ガンダムMk-II”を奪取すべくグリーン・ノア1に乗り込んだクワトロは、そこでアムロの再来を思わせる少年、カミーユ・ビダンと遭遇。Mk-IIの操縦に成功したカミーユと共に、コロニーを脱出する。だがエゥーゴに参加したカミーユは、非道なティターンズによって母・ヒルダを目前で殺され、更に父・フランクリンも失う。その後、様々な交戦を経て、エゥーゴの拠点である月へ向かったカミーユたちに、地球連邦本部基地“ジャブロー”への侵攻命令が下った。ティターンズ部隊の攻撃を振り切り、地球降下を果たしたカミーユたち。しかし、ジャブローにはティターンズによって核爆弾が仕掛けられており、捕らわれていたレコア・ロンドを救出した彼らは、間一髪、脱出するも、強化人間、ロザミア・バダムらに追撃を受けてしまう。だがその戦闘の中、クワトロは再び戦いに身を投じる決意をしたアムロ・レイに再会するのだった。

「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」の解説

20年前にテレビ用に制作されたアニメ・シリーズ『機動戦士Zガンダム』全50話を、新たに劇場版3部作として再構成、デジタル処理した新訳シリーズの第1作。総監督は「∀ガンダムII 月光蝶」の富野由悠季で、脚本も富野監督自ら執筆。撮影監督に木部さおりがあたっている。ヴォイス・キャスト主演は、「\ Pa-Pa-Pa/ザ★ービー パーマン」の池田秀一と「映画 犬夜叉 紅蓮の蓬莱島」の飛田展男。第20回東京国際ファンタスティック映画祭2004出品作品。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年5月28日
キャスト 原作富野由悠季
出演(声)池田秀一 飛田展男 古谷徹 鈴置洋孝 古川登志夫 鵜飼るみ子 井上和彦 岡本麻弥 檜山修之 郷里大輔 キートン山田 島田敏 沢木郁也 高島雅羅 小杉十郎太 勝生真沙子 浪川大輔 新井里美 戸谷公次 浅野まゆみ 浅川悠 中村秀利 石井康嗣 拡森信吾 塩屋浩三 大川透 柴本浩行 望月健一 松本大 今村直樹 沢村真希 柳井久代 小松由佳 宇垣秀成 田中一成 藤原勝也 三川二三 岡本寛志
配給 松竹
制作国 日本(2005)
上映時間 95分

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-02-14 18:08:47

広告を非表示にするには