あした輝く 作品情報

あしたかがやく

満州・奉天の街で、夏樹病院の一人娘・夏樹今日子と若い衛生兵の速水香が知り合ったのは、戦争が終末を迎えようとする昭和二十年の初夏のことだった。今日子は十六歳、香は二十歳だった。その頃、今日子は、香の上官の加賀中尉に求婚されたが、彼女の心は香の人なつっこい人柄に惹きつけられていた。やがて終戦。日本軍は民間人を見捨てて引揚げてしまったために、街の人たちは香と夏樹博士をリーダーとして、遠い港を目指して徒歩で出発した。寒さと飢えのために人々を不安と焦燥が支配した。そして夏樹博士の急死。うちひしがれた今日子を支えたのは香の力強い愛だった。やがて二人は結婚、今日子は妊娠した。香はやがて生れてくる子供に“明日香”と命名した。一行はやっと目的地に向かう貨物列車に乗れた時、ソ連兵がやって来た。軍人は名乗り出ろ、というのだ。速水が自ら犠牲になりソ連兵に捕われたことで、列車は発車できた。その時、ソ連兵の人垣から銃声が聞こえた。銃殺? あまりのショックに今日子は流産してしまった。辿り着いた引揚船の上で、今日子の尊敬する緑川先生が女児を出産して、息をひきとった。今日子はその子を「明日香」と名付け、育てる決心をした。千葉に住む香の母は、息子の戦死の公報を受け失意の中にあったが、今日子と孫娘の出現に生きる歓びを見い出した。その家で今日子と明日香と姑のささやかな生活が始った。それから四年後、香の生存が伝えられた。帰還を祈る日々、母は病いに寝込むようになった。やがて香が帰還した。二人は抱き合い、泣いた。その頃、母は明日香に看取られ、息をひきとった。母の死の悲嘆にくれる良人を見て、今日子は明日香の出生の秘密を打ちあけることができなかった。昭和二十七年。明日香は小学校に入学した。そして今日子は再び妊娠。この機会に今日子は、明日香の秘密を香に語った。だが香はすでに知っていた。「血のつながりは無くても、明日香は僕にとって、本当の我が娘だよ」と言うやさしい香の言葉に、今日子は、自分の愛が今、実り始めたことを、身体中で感じるのだった。

「あした輝く」の解説

戦争末期の満州から戦後の混乱期の日本を舞台に、清らかに強くひとつの愛を貫いた女性の半生を描く。原作は里中満智子の同名劇画。脚本は「ダメおやじ」のジェームス三木と「喜劇 日本列島震度0」の南部英夫、監督は脚本も執筆している「愛と誠」の山根成之、撮影も同作の竹村博がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 1974年11月2日
キャスト 監督山根成之
原作里中満智子
出演浅田美代子 志垣太郎 津島恵子 長藤尚子 北沢彪 田島令子 沖雅也 志摩みずえ 村野武範 石原亜希子 北浦昭義 ユセフ・オスマン ギャンター・グレーヴェ 高木信夫 水木涼子 戸川美子 大杉侃二郎
配給 松竹
制作国 日本(1974)
上映時間 87分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「あした輝く」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-07-01 15:47:31

広告を非表示にするには