仮面ライダーJ 作品情報

かめんらいだーじぇい

かつて地球に氷河期をもたらし、全ての恐竜を滅亡させた機械獣母艦フォッグ・マザーが再び地球にやって来た。フォッグは部下のトカゲ男、ハチ女、コブラ男を使い、生け贄として少女・加那を捕らえた。彼女を助けようとしてハチ女らに倒された青年・瀬川耕司は、地空人の改造手術によって蘇った精霊の力″Jパワー″を持つ仮面ライダーJに変身し、フォッグらに戦いを挑む。恐ろしい力を持つフォッグだったが、仮面ライダーJはJパワーによって身長40メートルにまで巨大化し、フォッグを倒す。

「仮面ライダーJ」の解説

地球人を食料にしようと企む宇宙生物と戦う仮面ライダーJの活躍を描く、石ノ森章太郎原作による「仮面ライダー」シリーズ。監督とキャラクターデザインは前作「仮面ライダーZO」に続き原作雨宮慶太。脚本は上原正三。シリーズ中初めてライダーが巨大化するのが話題となった。「東映スーパーヒーローフェア」の1本として公開。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 1994年4月16日
キャスト 監督雨宮慶太
原作石ノ森章太郎
出演望月祐多 岡元次郎 野村佑香 日下秀昭 関誉枝恵 鶴山知之
配給 東映
制作国 日本(1994)
上映時間 46分

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「仮面ライダーJ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2024-05-28 10:51:31

広告を非表示にするには