映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険 作品情報

えいがくれよんしんちゃんへんだーらんどのだいぼうけん

しんのすけたちは幼稚園の春の遠足で、新しくできたテーマパーク“群馬ヘンダーランド”へ出掛けた。ふとした拍子にみんなとはぐれたしんのすけは、サーカス小屋のテントに迷い込み、そこで檻に入れられた可愛い女の子を見つける。彼女はメモリ・ミモリという異次元王国ヘンダーランドの王女で、オカマ魔女のマカオとジョマによって閉じ込められてしまったのだった。王女を助けようとしたしんのすけだったが、オカマ魔女の手下クレイ・G・マッドとチョキリーヌ・ベスタの妨害にあい、人形のトッペマ・マペットの助けを借りてその場から逃げ帰るのが精一杯だった。トッペマは魔女の魔法のトランプをしんのすけに託し、ヘンダーランドを救ってほしいと助けを求める。しんのすけは恐怖に尻込みしていたが、トランプを取り返すために現れた雪だるまのス・ノーマン・パーにひろしとみさえを連れ去られてしまい、「オラ、父ちゃん母ちゃんをお助けに行くゾ!」と奮い立ち、トランプを片手にヘンダーランドへ向かった。しんのすけは真っ先に襲ってきたクレイ・Gをトッペマと協力して破り、Tシャツに姿を変えられていたひろしを助け出す。ヘンダー城へ向かったしんのすけたちはチョキリーヌの襲撃を受けるが、トッペマが自分の身を犠牲にしてこれを倒し、やはりブラジャーに変えられていたみさえが元の姿で帰ってきた。いよいよ城へ乗り込んだしんのすけたちは、トランプの魔法の力でオカマ魔女を倒し、ヘンダーランドにかけられた封印を解くのだった。平和が戻ったヘンダー王国では、助け出されたメモリ姫がゴーマン王子と幸せを取り戻していた。

「映画クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険」の解説

おなじみ嵐を呼ぶ幼稚園児・のはらしんのすけの活躍を描いた劇場版長篇アニメーションの第4作。地球征服を企む魔女の一味に乗っ取られたテーマパーク“ヘンダーランド”を舞台に、懸命に魔女たちと戦うしんのすけの姿を、ギャグあり、感動ありのパワフルさで見せている。監督は第1作から劇場版を手掛けている本郷みつる。アイドル・雛形あきこが本人の役で出演し、主題歌も歌っている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 1996年4月13日
キャスト 監督本郷みつる
原作臼井儀人
出演(声)矢島晶子 ならはしみき 藤原啓治 田中秀幸 大塚芳忠 古川登志夫 辻親八 深雪さなえ 渕崎ゆり子 保志総一朗 八奈見乗児 納谷六朗 高田由美 富沢美智恵 真柴摩利 林玉緒 鈴木みえ 佐藤智恵 大塚智子 玄田哲章 大滝進矢 塩沢兼人 雛形あきこ
配給 東宝
制作国 日本(1996)
上映時間 97分

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「ちぃ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2016-05-08

子供映画だとあなどってましたが、、友情愛 家族愛に満ち溢れる感動映画です忘れる事出来ず、、後にVHSビデオ、そしてDVDも購入しました

最終更新日:2024-02-14 18:08:41

広告を非表示にするには