戦争と女の顔 作品情報

せんそうとおんなのかお

1945年のソ連、PTSDを抱えて生きる2人の女性を描く

戦争と女の顔のイメージ画像1
戦争と女の顔のイメージ画像2

1945年、戦後まもなくのレニングラード。傷痍軍人が多く入院する病院で、看護師のイーヤが働いている。PTSD(心的外傷後ストレス障害)を抱えたイーヤは、時おり自分の意思とは関係なく体が硬直し、それが原因で預かっていた戦友のマーシャの子供を死なせてしまう。戦地から戻ったマーシャは子供の死を知るがイーヤを責めず、次の子供を作るという。彼女もまた心に大きな傷を抱えていたのだ。2人は新しい生活を始めようとするのだが…。

「戦争と女の顔」の解説

カンヌ国際映画祭ほか、多くの国際映画賞を受賞した注目作。原案となったのは、ノーベル文学賞作家による「戦争は女の顔をしていない」という、第二次世界大戦に従軍したソ連の女性兵士たちの証言集だ。日本ではコミック化もされており、この本にインスパイアされた小説「同志少女よ、敵を撃て」がベストセラーになった。映画はフィクションで、戦友である2人の女性を軸に話は進む。“のっぽ”と呼ばれる背の高いイーヤは口数も少なく内向的。マーシャは反対に外交的だが、彼女もまた人としてどこか壊れているのがわかる。何が彼女たちをこんな風にしてしまったのか。その謎がサスペンスを呼びつつ、話は予期せぬ展開へと進んでいく。結末近くに明かされるマーシャの過去はあまりにも重く、衝撃を受けるに違いない。

戦争と女の顔のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年7月15日
キャスト 監督カンテミール・バラーゴフ
原案スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ
出演ヴィクトリア・ミロシニチェンコ ヴァシリサ・ペレリギナ アンドレイ・ヴァイコフ イーゴリ・シローコフ
配給 アットエンタテインメント
制作国 ロシア(2019)
年齢制限 PG-12
上映時間 137分
備考 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開
公式サイト https://dyldajp.com/

(C)Non-Stop Production, LLC, 2019

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「戦争と女の顔」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-07-01 00:10:38

広告を非表示にするには