こちらあみ子 作品情報

こちらあみこ

芥川賞受賞作家・今村夏子のデビュー作を映画化

こちらあみ子のイメージ画像1

あみ子はちょっと風変わりな女の子。優しいお父さん、いっしょに登下校してくれるお兄ちゃん、書道教室の先生でお腹には赤ちゃんがいるお母さん、憧れの同級生のり君、たくさんの人に見守られながら元気いっぱいに過ごしていた。だが、彼女のあまりに純粋無垢な行動は、周囲の人たちを否応なく変えていくことになる。誕生日にもらった電池切れのトランシーバーに話しかけるあみ子。「応答せよ、応答せよ。こちらあみ子」…。

「こちらあみ子」の解説

161回芥川賞を受賞した今村夏子が、2010年に発表したデビュー作を映画化。広島に暮らす小学5年生のあみ子。少し風変りだが純粋なあみ子の行動が、家族や同級生など周囲の人たちを否応なく変えていく過程を、少女の無垢な視線で鮮やかに描き出す。主人公のあみ子を演じるのは、オーディションで見出された新星・大沢一菜。圧倒的な存在感で“あみ子の見ている世界”を体現していく。監督は、日本映画界を牽引する監督たちの現場で助監督を務めてきた森井勇佑。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年7月8日
キャスト 監督・脚本森井勇佑
原作今村夏子
出演大沢一菜 井浦新 尾野真千子
制作国 日本(2022)
備考 新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開
公式サイト https://kochira-amiko.com/

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「こちらあみ子」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-07-05 00:01:02

広告を非表示にするには