チェルノブイリ1986 作品情報

ちぇるのぶいりいちきゅうはちろく

原発事故の二次災害を防いだ決死のミッション

チェルノブイリ1986のイメージ画像1
チェルノブイリ1986のイメージ画像2

1986年、ソ連邦のウクライナの町プリピチャチで、消防士アレクセイは10年ぶりに元恋人のオリガと再会する。シングルマザーのオリガの息子の父親が自分だと察したアレクセイは、新たな暮らしを始めるため勤務地の移動を申し出た。しかし送別会の翌朝、チェルノブイリ原子力発電所で爆発事故が起きる。原発の地下通路の構造に詳しいアレクセイは、二次災害である水蒸気爆発を防ぐという任務を要請される。しかしそれは命の保証がないものだった。

「チェルノブイリ1986」の解説

1986年4月26日の未明、チェルノブイリ原子力発電所で爆発事故が発生した。当局は当初それを隠したが、2日後には放射能が遠く離れたスウェーデンでも検知され、ようやく事故を発表する。この事件の映像化には、事故の全貌を描き大反響を呼んだHBOドラマ「チェルノブイリ」、避難を余儀なくされた住民たちを描いた『故郷よ』などの作品があるが、本作は事故当時の当該国であるソ連、つまり今のロシアが描くところがポイントだ。主人公は、鎮火活動で多くの犠牲を出した消防士の一人。事故初期の消火活動に参加していなかったため大量の被曝は逃れたが、その代わりに水蒸気爆発を防ぐ任務に携わることになる。彼のキャラクターは創作だが、この水槽から排水弁を開けるミッションは実際に行われたもので、水没した地下道を抜けていくシーンがスリリングに演出されている。

チェルノブイリ1986のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2022年5月6日
キャスト 監督・出演ダニーラ・コズロフスキー
出演オクサナ・アキンシナ フィリップ・アヴデエフ
配給 ツイン
制作国 ロシア(2020)
上映時間 135分
公式サイト https://chernobyl1986-movie.com/

(C)≪Non-stop Production≫ LLC, (C)≪Central Partnership≫ LLC, (C)≪GPM KIT≫ LLC, 2020. All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「チェルノブイリ1986」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2022-05-21 00:01:02

広告を非表示にするには