ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男 作品情報

だーくうぉーたーずきょだいきぎょうがおそれたおとこ

巨大企業の隠蔽を暴き、立ち向かった独りの弁護士

ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男のイメージ画像1

1998年、オハイオ州の名門法律事務所で働く企業弁護士ロブ・ビロットが、思いがけない調査依頼を受ける。ウェストバージニア州パーカーズバーグで農場を営むウィルバー・テナントは、大手化学メーカー、デュポン社の工場からの廃棄物によって土地を汚され、190頭もの牛を病死させられたというのだ。さしたる確信もなく、廃棄物に関する資料開示を裁判所に求めたロブは、“PFOA”という謎めいたワードを調べたことをきっかけに、事態の深刻さに気づき始める。デュポンは発ガン性のある有害物質の危険性を40年間も隠蔽し、その物質を大気中や土壌に垂れ流してきたのだ。やがてロブは7万人の住民を原告団とする一大集団訴訟に踏みきる。しかし強大な権力と資金力を誇る巨大企業との法廷闘争は、真実を追い求めるロブを窮地に陥れていくのだった…。

「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」の解説

米ウェストバージニア州のコミュニティを蝕む環境汚染問題をめぐり、ひとりの弁護士が十数年にもわたって巨大企業との闘いを繰り広げてきた実話を映画化。ある農場主の悲痛な訴えから始まった小さな案件が、大規模な環境汚染問題に発展していく様を克明に描き出す。主演は、本作で製作も兼ね、環境活動家でもある実力派俳優マーク・ラファロ。さらに、アン・ハサウェイ、ティム・ロビンス、ビル・プルマンなど豪華キャストが出演。監督は『ベルベット・ゴールドマイン』『キャロル』のトッド・ヘインズ。(作品資料より)

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年12月17日
キャスト 監督トッド・ヘインズ
出演マーク・ラファロ アン・ハサウェイ ティム・ロビンス ビル・キャンプ ヴィクター・ガーバー ビル・プルマン
配給 キノシネマ
制作国 アメリカ(2019)
上映時間 126分
備考 TOHOシネマズ シャンテほか全国にて
公式サイト https://dw-movie.jp/

(C)2021 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-11-20 13:00:03

広告を非表示にするには