天才ヴァイオリニストと消えた旋律 作品情報

てんさいう゛ぁいおりにすとときえたせんりつ

クラシック楽曲と世界をめぐる、極上の音楽ミステリー

天才ヴァイオリニストと消えた旋律のイメージ画像1
天才ヴァイオリニストと消えた旋律のイメージ画像2

1938年、ロンドンに住む9歳のマーティンの家に、ポーランド系ユダヤ人で類まれなヴァイオリンの才能を持つドヴィドルがやってきた。同い年のマーティンと兄弟のように育ったドヴィドルはその才能を開花させ、21歳でデビューコンサートの日を迎える。しかしその晴れ舞台の当日、ドヴィドルは忽然と姿を消した…。35年後、コンサートの審査員をしていたマーティンはある青年のヴァイオリンの音色を聴き、愕然とする。彼が奏でるヴァイオリンは間違いなくドヴィドルにしか教えられないものだった。マーティンは長い沈黙を経て、ドヴィドルを探す旅路に出る。なぜ彼は姿を消したのか?ロンドン、ワルシャワ、ニューヨークを巡り、その真相が解き明かされたとき、ふたりの止まっていた時間は再び回り始める…。

「天才ヴァイオリニストと消えた旋律」の解説

35年前、忽然と姿を消した天才ヴァイオリニスト。その真実を探す旅を描く音楽ミステリー。主人公マーティンを演じるのは『ロブ・ロイ ロマンに生きた男』『海の上のピアニスト』のティム・ロス。また、56歳になったドヴィドルの役を『クローサー』のクライヴ・オーウェンが演じる。監督は『レッド・ヴァイオリン』『シルク』『ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』など音楽映画の名手フランソワ・ジラール。また、本作のヴァイオリン演奏をレイ・チェンが務めている。(作品資料より)

天才ヴァイオリニストと消えた旋律のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年12月3日
キャスト 監督フランソワ・ジラール
出演ティム・ロス クライヴ・オーウェン ルーク・ドイル ミシャ・ハンドリー キャサリン・マコーマック
配給 キノフィルムズ
制作国 イギリス=カナダ=ハンガリー=ドイツ(2019)
上映時間 113分
備考 新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて

(C)2019 SPF (Songs)Productions Inc., LF (Songs)Productions Inc., and Proton Cinema Kft

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「天才ヴァイオリニストと消えた旋律」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-11-29 23:30:04

広告を非表示にするには