最後の決闘裁判 作品情報

さいごのけっとうさいばん

生死を賭けた“真実”が裁かれる

最後の決闘裁判のイメージ画像1
最後の決闘裁判のイメージ画像2

中世フランス。騎士カルージュの妻マルグリットが、夫の旧友ル・グリに乱暴されたと訴えるが、彼は無実を主張し、目撃者もいない。真実の行方は、夫と被告による生死を賭けた“決闘裁判”に委ねられる。それは、神による絶対的な裁き…勝者は正義と栄光を手に入れ、敗者はたとえ決闘で命拾いしても罪人として死罪になる。そして、もしも夫が負ければ、マルグリットまでもが偽証の罪で火あぶりの刑を受けるのだ。果たして、裁かれるべきは誰なのか…?

「最後の決闘裁判」の解説

1386年、百年戦争のさなかに実際に執り行われ、今もなお歴史家の間で物議を醸しているフランス史上最後の“決闘裁判”を元に描く実話ミステリー。『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』以来のタッグとなるマット・デイモンとベン・アフレックによる珠玉の脚本を、『グラディエーター』など数多くの名作を世に送り出している名匠リドリー・スコット監督が映画化。女性が声を上げることのできなかった時代に立ち上がり、裁判で闘うことを決断した女性マルグリットを演じるのは、「キリング・イヴ」でエミー賞主演女優賞を受賞した新星ジョディ・カマー。そして、マルグリットの夫カルージュ役をマット・デイモン、犯人と疑いをかけられるが無罪を主張するル・グリを『マリッジ・ストーリー』『ブラック・クランズマン』のアダム・ドライバー、カルージュとル・グリの運命を揺さぶる主君ピエール伯をベン・アフレックが演じる。(作品資料より)

最後の決闘裁判のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2021年10月15日
キャスト 監督リドリー・スコット
原作エリック・ジェイガー
出演ジョディ・カマー マット・デイモン アダム・ドライバー ベン・アフレック
配給 ウォルト・ディズニー・ジャパン
制作国 アメリカ(2021)
年齢制限 PG-12
上映時間 153分
公式サイト https://www.20thcenturystudios.jp/movie/kettosaiban.html

(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「真実は、微笑む、誰にでも、」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2021-10-19

真実は、『藪の中』とはならない。

真実は、微笑む、天使のように。

そして、時に、その人間の愚かさの果てに、悪魔の微笑みとなって。

人間と言う大樹のその果によって、実を知る。

実りの果を得られたのか?

朽ち果て行くモノを得たかで、真実は、そのままに、真実を語る。

あなたはどう、真実を見つめるでしょうか?

最終更新日:2021-10-19 11:00:02

広告を非表示にするには