特集:松竹映画100周年 “監督至上主義”の映画史 作品情報

しょうちくえいがひゃくしゅうねんかんとくしじょうしゅぎのえいがし

全作品フィルムによる素晴らしき回顧上映

『婚約三羽烏』(11/21~27)、『集金旅行』(11/21~27)、『ある落日』(11/21~27)、『花籠の歌』(11/28~30、12/2~4)、『太閤記』(11/28~30、12/2~4)、『切腹』(11/28~30、12/2~4)、『日本の悲劇』(12/5~7、12/9~11)、『張込み』(12/5~7、12/9~11)、『暗殺』(12/5~7、12/9~11)、『太陽の墓場』(12/12~18)、『秋津温泉』(12/12~18)、『霧の旗』(12/12~18)、『按摩と女』(12/19~25)、『長屋紳士録』(12/19~25)、『本日休診』(12/19~25)を上映。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年11月21日

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「特集:松竹映画100周年 “監督至上主義”の映画史」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-11-26 00:30:07

広告を非表示にするには