六人の暗殺者 作品情報

ろくにんのあんさつしゃ

新国劇総出演、滝沢英輔監督作品

慶応三年京都。土佐藩士伊吹武四郎は坂本竜馬の隠れ家近江屋へ行く道で、お伊勢詣りの途中京都へ寄った江戸の両替屋佐吉と娘お新に出会った。お新は武四郎を慕っていたが、すげなく別れて近江屋へつくと、坂本と中岡の二人は何者かに暗殺され、僅かに中岡の口から覆面の六人組の仕業と知った。武四郎は竜馬の復讐を誓った。暗殺者は新選組行きつけの料亭の庭下駄しか証拠がない。ある夜、見廻り組の土屋久之助が江戸へ立ったと知り、彼を疑う武四郎は急いで上京し、師勝麟太郎のもとで土屋と合ったが、血曇り一つない彼の刀を見て失望した。だがその夜薩摩邸に益満を訪れた武四郎は、同藩士花俣から犯人は新選組だといわれた。その頃江戸を荒しまわる御用盗におそわれ、佐吉は重傷を負って死んだ。

「六人の暗殺者」の解説

「男ありて」の菊島隆三の脚本を、「初姿丑松格子」と同じく新国劇の総出演によって、滝沢英輔が監督する。撮影は「越後獅子祭り やくざ若衆」の藤井春美。「大利根の対決」の島田正吾、辰巳柳太郎以下の新国劇員のほか、「青春怪談(1955 市川崑)」の滝沢修、「貝殻と花」の宮城野由美子、「青竜街の狼」の三島雅夫をはじめ、河野秋武、山形勲らが出演する。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督滝沢英輔
出演島田正吾 辰巳柳太郎 宮城野由美子 滝沢修
制作国 日本(1955)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「六人の暗殺者」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-07-12 00:01:07

広告を非表示にするには