シネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』 作品情報

みたにかぶきつきあかりめざすふるさとふううんじたち

三谷幸喜が贈る予測不能の歌舞伎ロードムービー

シネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』のイメージ画像1
シネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』のイメージ画像2

鎖国によって外国との交流が厳しく制限される江戸時代後期。大黒屋の息子・光太夫は、商船神昌丸の船頭として伊勢を出帆する。しかし江戸に向かう途中で激しい嵐に見舞われて帆は折れ、大海原を漂流することに。海をさまよう神昌丸には17人の乗組員たち。船頭の光太夫、経験豊富な船親司・三五郎、最年長の乗組員・九右衛門、喧嘩ばかりの水主・庄蔵と新蔵、どこか抜けている小市、三五郎の息子の青年磯吉…。光太夫はくじけそうになる乗組員を必死で奮い立たせ、再び故郷の伊勢へ戻るため方角もわからない海の上で陸地を探し求める。漂流を始めて8カ月…。神昌丸はようやく発見した陸地に上陸するが、そこはロシア領のアリューシャン列島アムチトカ島。日本への帰国の許しを得るため、ロシアの大地を奥へ奥へと進む。さまざまな人の助けを得て、ようやく光太夫はサンクトペテルブルグにて、女帝エカテリーナに謁見することが叶い…。

「シネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』」の解説

ロシアからふるさと日本への帰還を目指す歌舞伎ロードムービー。みなもと太郎の人気歴史ギャグ漫画「風雲児たち」を原作に、異国の地ロシアに漂流し、様ざまな困難に直面しても日本へ帰ることを諦めず運命と闘い続けた実在の人物・大黒屋光太夫の物語を歌舞伎化し、2019年6月に歌舞伎座で上演された。作・演出は三谷幸喜。主人公・光太夫を松本幸四郎が演じる。(作品資料より)

シネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年10月2日
キャスト 演出三谷幸喜
原作みなもと太郎
出演松本幸四郎 市川猿之助 片岡愛之助 八嶋智人 坂東新悟 大谷廣太郎 中村種之助 市川染五郎
語り尾上松也
配給 松竹
制作国 日本(2020)
備考 東劇、新宿ピカデリーほか全国にて
公式サイト https://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/

(C)松竹株式会社

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「シネマ歌舞伎『三谷かぶき 月光露針路日本 風雲児たち』」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-25 00:11:40

広告を非表示にするには