星屑の町('20) 作品情報

ほしくずのまち

人生は、いつだって輝ける

星屑の町('20)のイメージ画像1
星屑の町('20)のイメージ画像2

「山田修とハローナイツ」。大手レコード会社の社員だった山田修をリーダーに、歌好きの飲み仲間、市村敏樹と込山晃、青木五郎をコーラスに、大阪ミナミでくすぶっていた歌手の天野真吾をボーカルに迎えてスタート。途中から参加した西一夫は、ハローナイツの借金を肩代わりするのを条件に、博多の焼き鳥屋と4人の子どもを女房にまかせてメンバーになった。それぞれの事情を抱えながらグループを続けてきたものの、これといったヒット曲もなく、ベテラン女性歌手・キティ岩城と地方を回りながら、何とか細々と活動を続けている。そんなある日、東北の田舎町でメンバーが出会ったのは、東京から出戻り、再び歌手になる日を夢見る田舎娘・愛。 突然、ハローナイツに入りたいと直訴して、大騒動に発展、すったもんだの末に、愛はハローナイツに加入することとなり、状況が一変!たちまち人気者となりスポットライトを浴びることになる。思いがけず夢を叶えたかに見えたメンバーだったが…。

「星屑の町('20)」の解説

劇作家・演出家の水谷龍二とラサール石井、小宮孝泰が、「笑ってホロリとする作品」を作ることを目指し結成したユニット「星屑の会」によって1994年に第1作「星屑の町・山田修とハローナイツ物語」を上演。その後25年に亘って愛され続けた舞台「星屑の町」シリーズ(全7作)が、ハローナイツのメンバー変わらず、ヒロインにのんを迎えて映画化。続々と登場する昭和歌謡はもちろん、6年ぶりの実写劇場映画出演となるヒロイン・のんの吹き替えなしの歌声と衣装の七変化にも注目だ。(作品資料より)

星屑の町('20)のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年3月6日
キャスト 監督杉山泰一
原作・脚本水谷龍二
出演大平サブロー ラサール石井 小宮孝泰 渡辺哲 でんでん 有薗芳記 のん 菅原大吉 戸田恵子 小日向星一 相築あきこ 柄本明
配給 東映ビデオ
制作国 日本(2020)
上映時間 102分
公式サイト https://hoshikuzu-movie.jp/

(C)2020映画『星屑の町』製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.75点★★★★☆、4件の投稿があります。

P.N.「びんさん」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-06-12

のんちゃんの歌声が心に響きました。どこか懐かしさを覚える映画でした。

最終更新日:2020-07-10 00:10:46

広告を非表示にするには