SKIN/スキン 作品情報

すきん

レイシズムからの再生をテーマにした衝撃の実話

SKIN/スキンのイメージ画像1
SKIN/スキンのイメージ画像2

十代で親に見捨てられ、白人至上主義者グループを主宰するクレーガーとシャリーンに拾われ、実の子のように育てられたブライオンは、今やグループの幹部となり、筋金入りの差別主義者となっていた。タトゥーショップで働く彼の体には、鍵十字など、差別的なメッセージを込めたタトゥーが無数に刻まれている。だが、3人の幼い娘を育てるシングルマザーのジュリーとの出会いをきっかけに、ブライオンはこれまでの自分の人生に迷いを感じ始める…。

「SKIN/スキン」の解説

イスラエル出身のガイ・ナティーヴ監督は、過去の自分と決別するために計25回、16カ月に及ぶ過酷なタトゥー除去手術に挑んだブライオン・ワイドナーを追うTVドキュメンタリー「Erasing Hate」に感銘を受け、この物語の長編映画化を思い立った。そして製作資金を募ることを目的に同じテーマの短編『SKIN』を製作。これが大きな反響を呼び、企画立ち上げから7年を経て長編『SKIN/スキン』が実現した。差別主義者ブライオン役を果敢に演じたのは『リトル・ダンサー』のジェイミー・ベル。ダニエル・マクドナルドがブライオンに新たな道を示す女性ジュリー役を演じ、ビル・キャンプ、ヴェラ・ファーミガらベテランが脇を固める。北米配給はA24が担当。

SKIN/スキンのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年6月26日
キャスト 監督・脚本ガイ・ナティーヴ
出演ジェイミー・ベル ダニエル・マクドナルド ダニエル・ヘンシュオール ビル・キャンプ ルイーザ・クラウゼ カイリー・ロジャーズ コルビ・ガネット マイク・コルター
配給 コピアポア・フィルム
制作国 アメリカ(2019)
上映時間 118分
公式サイト http://skin-2020.com/

(C)2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「SKIN/スキン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-07-10 00:10:46

広告を非表示にするには