ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記 作品情報

ちむぐりさなのはなのおきなわにっき

石川県からやって来た少女が沖縄で見たものとは…

ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記のイメージ画像1
ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記のイメージ画像2

沖縄の言葉、ウチナーグチには「悲しい」という言葉はない。それに近い言葉は「肝(ちむ)ぐりさ」。意味は胸を痛める。人の痛みを自分のものとして胸を痛め、辛い思いをしている人と一緒に悲しむ。それが沖縄のちむぐりさ。そんな沖縄に、ひとりの少女がやってきた。石川県から那覇市の学校へやってきた坂本菜の花さん15歳。彼女は、この島ではずっと「戦争」が続いていることを肌で感じ取っていく。希望の島で、15歳の少女がみた、リアル沖縄とは…。

「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」の解説

沖縄テレビ放送の開局60周年を記念して製作され、第38回「地方の時代」映像祭グランプリ、2018年度日本民間放送連盟賞の報道番組部門で優秀賞を受賞した話題のドキュメンタリー作品。監督は沖縄テレビ放送のキャスターを務める平良いずみ。(作品資料より)

ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年3月28日
キャスト 監督平良いずみ
出演坂本菜の花
語り津嘉山正種
配給 太秦
制作国 日本(2019)
上映時間 106分
公式サイト http://www.chimugurisa.net/

(C)沖縄テレビ放送

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-03-28 00:01:02

広告を非表示にするには