ザブングル・グラフィティ 作品情報

ざぶんぐるぐらふぃてぃ

盗賊まがいの少年少女の一団の活躍を描く。

惑星ゾラと呼ばれている地球に住む人々は、乾いた大地の中、ひたすらブルーストーンを掘り続け、交易商人の手を介して支配階級イノセントにそれを納めることで生活物資を得ていた。そんな中でジロン・アモスは、どんな犯罪も3日で時効が成立するという掟を破り、両親を殺した流れ者ブレイカー、ティンプ・シャローンを一週間も追い続けていた。彼はふとしたことから仲間となったサンドラットという盗賊まがいの少年少女の一団とともに、新型ウォーカーマシン「ザブングル」を手に入れようとする。ウォーカーマシンは、ゾラの車であり作業メカだ。

「ザブングル・グラフィティ」の解説

原案は矢立肇、原作は富野由悠季と鈴木良武、脚本は「機動戦士ガンダム」の荒木芳久、五武冬史、吉川惣司、伊東恒久の共同執筆。監督は「伝説巨神イデオン 接触篇・発動篇」の富野由悠季がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督富野由悠季
出演小滝進 横尾まり 島津冴子 古川登志夫
制作国 日本(1983)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ザブングル・グラフィティ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-23 00:01:07

広告を非表示にするには