気候戦士 ~クライメート・ウォーリアーズ~ 作品情報

きこうせんしくらいめーとうぉーりあーず

気候活動家たちに密着したドキュメンタリー

気候戦士 ~クライメート・ウォーリアーズ~のイメージ画像1
気候戦士 ~クライメート・ウォーリアーズ~のイメージ画像2

エネルギー消費の増加に伴い、空気中の二酸化炭素が増えて温暖化が進む地球。しかしようやく結ばれたパリ協定から、米国のトランプ大統領は脱退を宣言。世の中とは逆行する政策を打ち出した。それに対抗できるのは、草の根運動しかない。映画には元カリフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツェネッガーを始め、再生可能エネルギーへの転換を試みる多くの活動家たちが登場する。彼らはみな“気候戦士”なのだ。

「気候戦士 ~クライメート・ウォーリアーズ~」の解説

人間は、「わかってはいても止められない」生き物だ。原発だって本当は多くの日本人は「ない方がいい」と思っているだろうが、いろいろな理由をつけて止める事ができない。地球温暖化問題も京都議定書からもう20年経つが、進展しているのしていないのか一般人にはわからなくなっている。本作はそんな気候変動へ対処しようと、エネルギーを化石燃料から再生可能エネルギーへと転換しようと努力している人々の姿を映し出す。彼らは政治家でもなく、また大企業のオーナーでもなく、また大きな力を持つ団体でもない。シュワルツェネッガー以外、一般にはほぼ無名と言っていいだろう。しかし誰にでもできるようでできない草の根運動を、着実に行っている者たちだ。彼らを本作の監督であるカール-A・フェヒナーは、環境のために戦う“気候戦士”と讃えている。このドキュメンタリーを見た後は、私たちも今のライフスタイルを考える必要を感じるだろう。

気候戦士 ~クライメート・ウォーリアーズ~のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年11月29日
キャスト 監督・出演カール-A・フェヒナー
出演アーノルド・シュワルツェネッガー シューテスカット・マルティネス ジョイレット・ポートロック博士
配給 ユナイテッドピープル
制作国 ドイツ(2018)
上映時間 86分
備考 ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて
公式サイト http://unitedpeople.jp/climate/

(C)fechnerMEDIA

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「気候戦士 ~クライメート・ウォーリアーズ~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-22 00:11:07

広告を非表示にするには