LORO 欲望のイタリア 作品情報

ろーろよくぼうのいたりあ

ベルルスコーニをモデルにした豪華絢爛な人間ドラマ

LORO 欲望のイタリアのイメージ画像1
LORO 欲望のイタリアのイメージ画像2

政治と金、マフィアとの癒着や職権乱用、女性問題に失言など、さまざまのスキャンダルで世間を騒がせたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニは、政敵に敗北して失脚はしたものの、虎視眈々と政権への返り咲きを狙っている。セクシーな美女を集めたパーティーで英気を養い、持ち前のセールストークで足場を固めていく。一方、青年実業家のセルジョはベルルスコーニに接近し、政界進出の足掛かりにしようと画策していた。

「LORO 欲望のイタリア」の解説

スキャンダルまみれでよく知られたイタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニをモデルにした人間ドラマ。これでもか、というほどのめくるめく狂乱と絢爛の世界を再現しつつも、愛する妻にさえも理解してもらえない、“カリスマ”が抱える孤独と哀愁が皮肉的に描かれている。そんなベルルスコーニの生きざまに迫るのは、『グレート・ビューティー/追憶のローマ』『グランドフィナーレ』の名匠パオロ・ソレンティーノ監督。そして怪演を見せてくれるのは、『修道士は沈黙する』などのイタリアの名優トニ・セルヴィッロだ。ベルルスコーニの妻ヴェロニカ役のエレナ・ソフィア・リッチは数々の映画賞の最優秀女優賞を受賞している。

LORO 欲望のイタリアのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年11月15日
キャスト 監督パオロ・ソレンティーノ
出演トニ・セルヴィッロ エレナ・ソフィア・リッチ リッカルド・スカマルチョ
配給 トランスフォーマー
制作国 イタリア(2018)
年齢制限 R-15
上映時間 157分
公式サイト http://www.transformer.co.jp/m/loro/

(C)2018 INDIGO FILM PATHE FILMS FRANCE 2 CINEMA

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「LORO 欲望のイタリア」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-23 00:01:01

広告を非表示にするには