夕陽のあと 作品情報

ゆうひのあと

二人の母と一人の子 海が優しく見守る

夕陽のあとのイメージ画像1
夕陽のあとのイメージ画像2

豊かな自然に囲まれた鹿児島県長島町。一年前に島にやってきた茜は、今日も食堂でテキパキと働いている。一方、夫とともに島の名産物であるブリの養殖業を営む五月は、赤ん坊の頃から育ててきた7歳の里子・豊和(とわ)との特別養子縁組申請を控え、“本当の母親”になれる期待に胸を膨らませていた。そんな中、行方不明だった豊和の生みの親の所在が判明し、その背後に東京のネットカフェで起きた乳児置き去り事件が浮かび上がる…。

「夕陽のあと」の解説

茜役を演じるのは、『くちづけ』でブルーリボン賞主演女優を受賞した貫地谷しほり。五月役には『アレノ』で高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞した山田真歩。実力派の二人が、対照的な人生を歩んできた女性たちの深く複雑な愛情や葛藤をそれぞれひたむきに体現する。その他、五月の夫・優一役に永井大、その母親・ミエ役に木内みどり、町役場職員・秀幸役として川口覚が出演。監督は『海辺の生と死』の越川道夫。現実社会でも後を絶たないDVや乳児遺棄、不妊治療や養子縁組制度などの問題に正面から挑みながら、登場人物たちの心の機微をすくいとる演出によって、すべての世代・性別・立場の観客にあたたかな感動をもたらす普遍的な人間ドラマを作り上げた。

夕陽のあとのイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年11月8日
キャスト 監督越川道夫
出演貫地谷しほり 山田真歩 永井大 川口覚 松原豊和 渡辺早織 鈴木晋介 宇野祥平 滝沢涼子 木内みどり
配給 コピアポア・フィルム
制作国 日本(2019)
上映時間 133分
公式サイト http://yuhinoato.com/

(C)2019長島大陸映画実行委員会

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「夕陽のあと」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-11-22 14:11:26

広告を非表示にするには