喜劇 愛妻物語 作品情報

きげきあいさいものがたり

結婚とは、永遠に続く倦怠期なのか…

喜劇 愛妻物語のイメージ画像1
喜劇 愛妻物語のイメージ画像2

売れない脚本家・豪太と、その妻のチカ。2人は、結婚10年目の絵に描いたような倦怠期の夫婦で、娘のアキと3人暮らし。豪太は妻のご機嫌をとろうと試みる日々だが、冷めきったチカは、ろくに稼ぎがない豪太を見下し、いつも暴言を吐いている。ある日、映画プロデューサーの佐々木から、以前豪太が考えてきた企画のひとつ、四国に実在する「ものすごい速さでうどんを打つ女子高生」の話を脚本にしてみないか?と依頼が。とはいえ、実現の保証もなければ、取材の渡航費も出ないという。しかし、豪太はこのチャンスをものにすべく、そしてあわよくば旅行を通して妻のご機嫌を取るべく…妻をなんとか説得し、アキと3人で香川県に取材旅行へと向かうが…。

「喜劇 愛妻物語」の解説

2014年に公開された『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した脚本家・足立紳が、2016年に発表した「乳房に蚊」を、自らメガホンを取り、監督として映画化。主人公・豪太を演じるのは、映画やTVドラマに数多く出演する濱田岳。妻・チカを「東京女子図鑑」『後妻業の女』の水川あさみ、娘役を『駅までの道をおしえて』で主演を務める新津ちせが演じる。(作品資料より)

喜劇 愛妻物語のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2020年9月11日
キャスト 監督・脚本・原作足立紳
出演濱田岳 水川あさみ 新津ちせ 夏帆 大久保佳代子 ふせえり 光石研
配給 キュー・テック/バンダイナムコアーツ
制作国 日本(2020)
年齢制限 PG-12
上映時間 117分
公式サイト http://kigeki-aisai.jp/

(C)2020『喜劇 愛妻物語』製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「濱田あさみ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-09-14

面白い。人間味がある。心情描写がうまく、役者の演技力もピカイチ。この映画が苦手なの人は、強めの言い合いが苦手な方だと思います。世の中、口が強めで夫にまいってしまった妻を恐妻というが、そういう方は初めは愛情深い方だったと自分は思っています。それを表現できている。ダメ夫も世の中に最初から存在しません。仕事が上手くいかなくなると自信をなくし、欲望の方向もおかしくなりダメ夫になると思っています。それも表側できているし、貧困の辛さと夫婦の愛情が上手く表現できている人間臭い作品。笑えるのは人間臭さが心地良く又共感できる部分もあるからです。紛れもなく良作です。

最終更新日:2020-09-22 00:01:01

広告を非表示にするには