ドゥ・ザ・ライト・シング 作品情報

どぅざらいとしんぐ

黒人白人の凄絶な戦いを通し人種差別を描く

その年一番の暑さの日、“サルス・フェーマス・ピッツェリア”のオーナー、サルは、その日も暢気なヴィトと、人種差別主義者のピノのふたりの息子と共に、近所の黒人たちにピザを売っていた。店員のムーキーは、仕事の暇をみつけては恋人のティナと会っている。酔っぱらいだが愛想のいいダー・メイヤーは、町の母的存在のマザー・シスターの気をひこうとするが、彼女は相手にしない。町にはウィー・ラブ・ラジオのDJミスター・セニョール・ラブ・ダディーの声に乗せて音楽が流れている。

「ドゥ・ザ・ライト・シング」の解説

ブルックリンのピザ・パーラーを舞台に、黒人と白人の凄絶な戦いを通して、人種差別を描くドラマ。製作・監督・脚本・主演は「シーズ・ガッタ・ハヴ・イット」のスパイク・リー、撮影はアーネスト・ディッカーソン、音楽はビル・リーが担当。出演はほかにダニー・アイエロ、オシー・デイヴィスなど。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督スパイク・リー
出演ダニー・アイエロ オシー・デイヴィス ルビー・ディー リチャード・エドソン
制作国 アメリカ(1989)

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-02-26

騒動を見詰めた撮影アーネスト・デッカーソンのクローズアップ等,軽妙なカメラワークの陽気さも特筆すべき哉,ラストの名言引用と共に…

最終更新日:2021-03-07 13:31:38

広告を非表示にするには