魔女の宅急便('89) 作品情報

まじょのたっきゅうびん

都会へ旅立った魔女の女の子の自立を描く

魔女の娘は、13歳になると修行の為独立するという古くからの掟があった。キキもそんな女の子の一人で今晩がその旅立ちの日なのだ。翌朝、黒猫ジジと共に港町コリコに着いたキキは大都会に夢中。しかし、誰も相手にしてくれず、早々おちこんでしまうキキだが、偶然お客の忘れ物を届けたことから、パン屋の女主人おソノに気に入られ、その好意で店先を借りて宅急便を開業することになった。張り切るキキだが、不注意で配達中のぬいぐるみを森の中に落としてしまう。そしてそれを拾ってくれたのは絵描きの少女ウルスラだった。

「魔女の宅急便('89)」の解説

角野栄子原作の同名小説の映画化で脚本・監督は「となりのトトロ」の宮崎駿、撮影監督は「陽あたり良好! 夢の中に君がいた」の杉村重郎がそれぞれ担当。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督宮崎駿
声の出演高山みなみ 佐久間レイ 山口勝平 戸田恵子 信澤三惠子 三浦浩一 関弘子 加藤治子
制作国 日本(1989)
TV放映 2020年3月27日 日本テレビ 金曜ロードショー

サウンドトラックを聞く

魔女の宅急便('89)

魔女の宅急便 サントラ音楽集

※2020年3月10日時点の情報です。

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「魔女の宅急便('89)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-02-03 00:02:43

広告を非表示にするには