世界でいちばん悲しいオーディション 作品情報

せかいでいちばんかなしいおーでぃしょん

アイドルを目指す少女たち、6泊7日の戦い

BiSH、GANG PARADEなどのアイドルを擁する芸能事務所WACKでは、合宿形式のオーディションで新人発掘を行なっている。第3回オーディションに参加した24人の少女たちは仮名を与えられ、6泊7日の共同生活を送ることとなる。少女たちを選抜するのは、WACK代表の渡辺淳之介。少女たちはデスソース入りの食事や早朝マラソンなどに必死で挑むが、毎夜、脱落者が生まれていく。少女たちは肉体的にも精神的にも追い詰められていく…。

「世界でいちばん悲しいオーディション」の解説

アイドルになるという夢を叶えるために、過酷なオーディションに挑む24人の少女たちを追ったドキュメンタリー。まだ若い少女たちの生殺与奪の権を握るWACK代表の渡辺淳之介は、彼女らに過酷な試練を与え、気まぐれに翻弄する。「この合宿はアイドルになるためのブートキャンプ」と渡辺がいう通り、彼女たちは肉体的にも精神的にも限界に置かれながら、「自分はなぜここにいるのか、なぜアイドルになりたいのか」と決意を固めていく。もちろん、そんな決意も虚しく、落選していく少女もいるのだが…。合宿を通して変化していく少女たちの顔つきと精神状態は、なかなかに興味深い。監督を務めるのはミュージックビデオや映画『モッシュピット』を手がける岩淵弘樹。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年1月11日
キャスト 監督岩淵弘樹
プロデューサー渡辺淳之介
出演モモコグミカンパニー パン・ルナリーフィ ペリ・ウブ キャン・GP・マイカ アイナ・ジ・エンド
配給 松竹メディア事業部
制作国 日本(2018)
上映時間 98分
公式サイト http://sekakana-movie.jp/

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「世界でいちばん悲しいオーディション」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-17 11:55:47

広告を非表示にするには