超能力者 未知への旅人 作品情報

ちょうのうりょくしゃみちへのたびびと

超能力者タカツカヒカル氏の実話映画化

広告代理店に勤めるタカツカヒカルは、心臓発作で倒れた母の無事を祈るあまり突然体内に電流のようなものを感じた。無意識のうちに母の心臓の上に両手をかざしたところ母に生気が戻った。理由は不明だが、タカツカに他人の病気を治す超能力が突然身についたのだ。それは中国の気功師たちが出す″気″と同種のものであった。仕事仲間のカメラマン・森の重病の姪を同じように手をかざして治し、その一部始終がカメラに収められたことからタカツカは一躍マスコミの寵児となり、不治の病に冒された人々が大挙して押し寄せるようになった。

「超能力者 未知への旅人」の解説

突然″気″の力を身につけた平凡なサラリーマンの数奇な運命を描く、超能力者タカツカヒカル氏の実話をベースにしたドラマ。監督は「私を抱いてそしてキスして」の佐藤純彌、脚本は早坂暁、撮影は「眠らない街・新宿鮫」の浜田毅が担当。主演のタカツカ役には三浦友和が扮するが、タカツカ本人も出演し、彼が気のパワーを込めたというラスト4分間のリラックス効果も話題となった。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐藤純彌
出演三浦友和 原田美枝子 長谷川初範 安永亜衣 下絛アトム
制作国 日本(1984)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「超能力者 未知への旅人」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-03 00:02:42

広告を非表示にするには