バハールの涙 作品情報

ばはーるのなみだ

自らの尊厳のためISと戦う女性たちの物語

バハールの涙のイメージ画像1
バハールの涙のイメージ画像2

女弁護士のバハールは愛する夫と息子と幸せに暮らしていた。ある日クルド人自治区の故郷の町でISの襲撃を受け、男性は皆殺されてしまう。バハールは人質にとられた息子を取り戻すため、クルド人女性武装部隊“太陽の女たち”のリーダーとなり、戦う日々を送っていた。

「バハールの涙」の解説

捕虜となった息子を助け出す為、銃を取って立ち上がったクルド人女性バハールと、片眼の戦場ジャーナリスト・マチルドの物語。小さな娘と離れ、戦地で取材を続ける片眼の戦場記者マチルドの目を通し、再び我が子を抱きしめる日を夢見て、内戦を生き抜くバハールの姿が映し出されていく。主演は『パターソン』の好演が記憶に新しいイランを代表する女優ゴルシフテ・ファラハニと、カンヌ国際映画祭女優賞受賞歴のある演技派エマニュエル・ベルコ。監督は、自ら内戦が続くクルド人自治区に赴き女性戦闘員たちを取材、登場人物たちの心情に寄り添った描写に定評のある、新進監督のエヴァ・ウッソン。(作品資料より)

バハールの涙のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年1月19日
キャスト 監督エヴァ・ウッソン
出演ゴルシフテ・ファラハニ エマニュエル・ベルコ
配給 コムストック・グループ、ツイン
制作国 フランス=ベルギー=ジョージア=スイス(2018)
上映時間 111分
備考 新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国にて
公式サイト http://bahar-movie.com/

(C)2018 - Maneki Films - Wild Bunch - Arches Films - Gapbusters - 20 Steps Productions - RTBF (Television belge)

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「バハールの涙」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-01-11 00:14:30

広告を非表示にするには