永遠の門 ゴッホの見た未来 作品情報

えいもんのもんごっほのみたみらい

天才画家ゴッホの、繊細で強烈な人生

永遠の門 ゴッホの見た未来のイメージ画像1
永遠の門 ゴッホの見た未来のイメージ画像2

幼い頃から精神に病を抱え、まともな人間関係が築けず、常に孤独だったフィンセント・ファン・ゴッホ。才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活も、ゴッホの衝撃的な事件で幕を閉じることに。あまりに偉大な名画を残した天才は、その人生に何を見ていたのか…。

「永遠の門 ゴッホの見た未来」の解説

不器用なまでに芸術と向き合い、生きているうちにほぼその絵が売れたことのなかった孤高の画家フィンセント・ファン・ゴッホが、自らの人生を通して何を見つめていたのかを描く。ゴッホを演じるのはウィレム・デフォー。本作でヴェネチア国際映画祭最優秀男優賞を受賞している。監督は『潜水服は蝶の夢を見る』の鬼才ジュリアン・シュナーベル。(作品資料より)

永遠の門 ゴッホの見た未来のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年11月8日
キャスト 監督ジュリアン・シュナーベル
出演ウィレム・デフォー オスカー・アイザック マッツ・ミケルセン マチュー・アマルリック
配給 ギャガ、松竹
制作国 アメリカ=フランス(2018)
上映時間 110分

(C)Walk Home Productions LLS 2018

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「永遠の門 ゴッホの見た未来」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-08-09 00:14:28

広告を非表示にするには