メアリーの総て 作品情報

めありーのすべて

なぜ彼女は愛を乞う孤独な怪物を産み落としたのか

メアリーの総てのイメージ画像1
メアリーの総てのイメージ画像2

19世紀イギリス。小説家を夢見るメアリーは“異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれあった二人は、情熱に身を任せ、駆け落ちする。愛と放蕩の日々は束の間、メアリーに襲い掛かる数々の悲劇。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた…。

「メアリーの総て」の解説

傑作小説「フランケンシュタイン」誕生に隠された、不幸でスキャンダルに満ちた天才女流作家メアリー・シェリーの人生を映画化。主人公メアリー・シェリーを演じるのは『マレフィセント』『ネオン・デーモン』などに出演し、唯一無二の存在感で世界中を虜にするエル・ファニング。監督は『少女は自転車にのって』のハイファ・アル=マンスール。(作品資料より)

メアリーの総てのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年12月15日
キャスト 監督ハイファ・アル=マンスール
出演エル・ファニング ダグラス・ブース ベル・パウリー トム・スターリッジ
配給 ギャガ
制作国 イギリス=ルクセンブルク=アメリカ(2017)
年齢制限 PG-12
上映時間 121分
備考 シネスイッチ銀座、シネマカリテほか全国にて順次公開
公式サイト https://gaga.ne.jp/maryshelley/

(C)Parallel Films (Storm)Limited / Juliette Films SA / Parallel (Storm)Limited / The British Film Institute 2017

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「メアリーの総て」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-12-10 15:00:06

広告を非表示にするには