娘の中の娘 作品情報

むすめのなかのむすめ

美空ひばり・高倉健コンビの明朗恋愛合戦

西方桂子は、「生活にはリズムがなくちゃ……」と言う近代的な明るい娘。とくに母の死んだあとは主婦がわりとして一家を切りまわしていた。しかし、こんなことに青春をついやしてしまうのは、なんとなく心のこりに思ってもいた。それに、桂子が家にいる限り、父は再婚しそうにない。そこで、桂子は一大発心をして、勤めに出ることにした。数多くの応募者。しかし桂子は電車の中で知り合った靖子と見事合格した。サラリー・ガールとしての第一歩で、桂子は試験官をしていた石岡と仲よくなる。ところが、この石岡には同僚の淑子も熱をあげている。しかも、淑子には佃と言う男がついていて…。

「娘の中の娘」の解説

母親亡き後、家庭にこもり主婦の代用をつとめる快活な娘・桂子が奮起一番、颯爽とオフィス・レディに姿をかえてから巻き起こる恋愛騒動を描く。父親の再婚や、桂子の恋、はたまたオフィス・レディたちの恋の鞘当て等々、唄やユーモアをふんだんに盛り込みながら明朗青春ドラマが展開する。桂子役を美空ひばり、相手役を高倉健が演じる。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督佐伯清
出演美空ひばり 山村聡 小野透 高倉健
制作国 日本(1958)
上映時間 90分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「娘の中の娘」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-07-04 00:01:09

広告を非表示にするには