ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー 作品情報

らいむぎばたけのはんぎゃくじひとりぼっちのさりんじゃー

孤高の天才作家サリンジャーの謎が明かされる

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャーのイメージ画像1

1939年ニューヨーク。大学中退を繰り返していた20歳のサリンジャーは、作家を志しコロンビア大学の創作学科に編入する。マンハッタンの社交界に顔を出し、セレブのウーナ・オニールと電撃的な恋に落ちる一方で、大学教授のアドバイスのもと書き始めた短編を出版社へ売り込むが、ことごとく断られ続ける。ようやく短編「マディソン・アヴェニューのはずれでの小さな反抗」がニューヨーカー誌に掲載決定という吉報が舞い込むが、その矢先、太平洋戦争の勃発により、掲載はキャンセルになってしまう。招集を受け失意のまま戦地に赴いたサリンジャーに追い打ちをかけるように、アメリカに残してきた恋人ウーナがチャーリー・チャップリンと結婚するというニュースが届き、やがてノルマンディ上陸作戦に参加し、最前線の地獄を経験するサリンジャー。終戦後も戦争のトラウマから長らく執筆できなかったが、もがき苦しみながら完成させた初長編「ライ麦畑でつかまえて」は発売直後から大反響を呼びベストセラーとなり、サリンジャーは一夜にして時の人となるが…。

「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」の解説

1951年に発売されて以来、時代を越えて若者に影響を与えてきた“青春のバイブル”「ライ麦畑でつかまえて」。その作家サリンジャーの、これまで語られてこなかった謎に満ちた半生、そして小説の誕生秘話を描き出す。サリンジャーを演じるのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『X-MEN』のニコラス・ホルト。サリンジャーに多大な影響を与え才能を開花させた、コロンビア大学の教授で文芸誌ストーリーの編集者ウィット・バーネット役にケヴィン・スペイシー。監督は『大統領の執事の涙』『ハンガー・ゲーム FINAL』完結編2部作の脚本家で俳優でもあるダニー・ストロング。(作品資料より)

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2019年1月18日
キャスト 監督・脚本ダニー・ストロング
出演ニコラス・ホルト ケヴィン・スペイシー ゾーイ・ドゥイッチ ホープ・デイヴィス サラ・ポールソン
配給 ファントム・フィルム
制作国 アメリカ(2017)
上映時間 106分
備考 TOHOシネマズ シャンテほか全国にて
公式サイト https://www.rebelintherye-movie.com/

(C)2016 REBEL MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-01-17 00:02:42

広告を非表示にするには