皇帝ペンギン ただいま 作品情報

こうていぺんぎんただいま

極寒の地に生きる皇帝たちの生命の詩

皇帝ペンギン ただいまのイメージ画像1
皇帝ペンギン ただいまのイメージ画像2

南極大陸、海から100km離れた内陸にある皇帝ペンギンの繁殖地“オアモック”。彼らは声で求愛し、自分の家族を捜し当てる。産卵後の母から父への卵の受け渡しが成功すれば、父は零下40℃のブリザードの中、120日間飲まず食わずで卵を温め、孵化したヒナを守り続ける。そして父と母は交替で海へ向かい我が子のために餌を持ち帰る。やがて夏、まず親たちが去り、ヒナたちも羽毛が抜け始めるとオアモックから旅立つのだった。

「皇帝ペンギン ただいま」の解説

生命は雪の結晶のようにはかない。親ペンギンの決死の子育てで生き残った小さな皇帝たちは、さらに成長し命のバトンを次に渡すために旅を続けるのだ。世界中を魅了した『皇帝ペンギン』から12年、アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞に輝いたリュック・ジャケ監督が、水中写真家やダイバーら精鋭の撮影スタッフと共に4Kカメラ、ドローンなど最新の映像技術を駆使して再び過酷な南極大陸での撮影に挑んだ本作。絶景の氷山からペンギンたちの羽毛の細部に至るまで鮮明だが、中でも水深70mでの水中撮影は圧巻。氷上でヨチヨチと歩く姿からは想像もできない弾丸のように獲物を追うハンターとしての姿を見事に捉えている。

皇帝ペンギン ただいまのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年8月25日
キャスト 監督リュック・ジャケ
ナレーション(フランス語版)ランベール・ウィルソン
配給 ハピネット
制作国 フランス(2017)
上映時間 85分
公式サイト http://penguin-tadaima.com/

(C)BONNE PIOCHE CINEMA - PAPRIKA FILMS - 2016 - Photo : (C)Daisy Gilardini

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「皇帝ペンギン ただいま」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-10-20 00:01:02

広告を非表示にするには