ある女子高校医の記録 続・妊娠 作品情報

あるじょしこうこういのきろくぞくにんしん

シリーズ第四作

芦沢かおるは“スケスケゴッコ”と称し、夜の公園で中年男にマッチ一本で女性自身を見せるアルバイトをして金を稼ぎ、ボーイフレンドと湘南海岸にでかけ、海水の中で愛の交響楽を奏でていた。それは、絶対妊娠しないと信じられていて、“H2O作戦”といわれていた。矢島みね子は、在学中に知り合った大学生と恋に陥ち、肉体関係を結んだ。親の反対にあって、二人は展示用のプレハブ往宅で夜毎の逢う瀬を楽しんだ。

「ある女子高校医の記録 続・妊娠」の解説

「ダンプ・ヒップ・バンプ くたばれ野郎ども」のトリオ高橋二三が脚本を書き帯盛迪彦が監督し、喜多崎晃が撮影を担当したシリーズ第四作。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督帯盛迪彦
出演南美川洋子 八代順子 渥美マリ
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ある女子高校医の記録 続・妊娠」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-10 00:01:07

広告を非表示にするには