リバーズ・エッジ 作品情報

りばーずえっじ

平坦な戦場で、僕らは孤独になる。

リバーズ・エッジのイメージ画像1
リバーズ・エッジのイメージ画像2

「若草さん、今晩ヒマ?僕の秘密の宝物、教えてあげる」。若草ハルナは、カレシの観音崎がイジメる山田を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ、腐りかけた死体を目にする。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという摂食障害のモデル・吉川こずえが現れ、3人は友情とは違う歪んだ絆で親しくなっていく。その一方で、父親のわからない子どもを妊娠するハルナの友人・ルミと同姓愛者であること隠した山田に好意を寄せるクラスメイト・カンナは過激な愛情を膨らませていく。

「リバーズ・エッジ」の解説

雑誌「CUTiE」で1993~94年にかけて連載され、欲望と不安の中で生きる若者の青春を描いた岡崎京子の衝撃作を実写映画化。自由に生きる今どきの女子高生・若草ハルナに二階堂ふみ。執拗なイジメに遭い、河原の死体を心の拠り所にしている同性愛者の山田に吉沢亮。そして、死体の存在を共有するモデル・吉川こずえにSUMIRE、ハルナの恋人で山田をイジメる観音崎に上杉柊平、山田への異常な愛を加速させる田島カンナに森川葵と、これからの日本映画の新時代を担っていく錚々たる若手俳優たちが出演。衝撃的な若者の世界に体当たりで飛び込み、その確かな演技力で鮮烈かつリアルな“生”と“欲望”をフィルムに焼き付けている。監督は初の漫画原作を手がける行定勲。原作に深く魅了され、オリジナルの仕掛けを加えると共に、新しい岡崎ワールドを形にしている。(作品資料より)

リバーズ・エッジのイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2018年2月16日
キャスト 監督行定勲
原作岡崎京子
主題歌小沢健二
出演二階堂ふみ 吉沢亮 上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨 森川葵
配給 キノフィルムズ
制作国 日本(2018)
年齢制限 R-15
上映時間 117分
公式サイト http://movie-riversedge.jp/

(C)2018映画「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社

予告編動画

※音声が流れます。音量にご注意ください。
※一部ブラウザ・スマートフォンに動画再生非対応がございます。
※動作確認ブラウザ:Internet Explorer 9.0以降/Google Chrome/Mozilla Firefox/Safari 5.0以降/Opera

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「リバーズ・エッジ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-02-21 23:30:09

広告を非表示にするには