フランケンシュタインの逆襲('57) 作品情報

ふらんけんしゅたいんのぎゃくしゅう

半人獣を主人公にした怪奇映画

ヴィクター・フランケンシュタイン男爵は彼の城で起きた一連の殺人事件のために死刑を宣告されたがその殺人が自分の仕業ではなく、城の中にある秘密の実験室で彼が作った奇怪な半人獣の仕業であると主張していた。フランケンシュタインは誰もが自分を信じてくれないと知ると、昔彼の家庭教師であり、かつ助手でもあったポール・クレムプに来てもらって、この半人獣が強盗の死体と、死んだ彫刻家の手と、ある有能な科学者の脳髄との組合せから作って、それに彼等が生命をふきこんだものであるという自分の話を証明してくれるように頼んだ。

「フランケンシュタインの逆襲('57)」の解説

フランケンシュタイン作るところの半人獣を主人公にした怪奇映画。メアリー・シェリイの原案からジミー・サングスターが脚本を書き「妖婦」のテレンス・フィッシャーが監督した。撮影監督は「暴力の恐怖」のジャック・アシャー、音楽はジェームズ・バーナード。主演はピーター・カッシング、ヘイゼル・コート、クリストファー・リー。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督テレンス・フィッシャー
出演ピーター・カッシング クリストファー・リー ヘイゼル・コート ロバート・アーカート
制作国 イギリス(1957)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「フランケンシュタインの逆襲('57)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-10-18 00:01:14

広告を非表示にするには