忍びの国 作品情報

しのびのくに

伊賀のために戦った忍びたちの真の目的とは?

忍びの国のイメージ画像1
忍びの国のイメージ画像2

時は戦国。伊賀の下忍・無門はその圧倒的な身体能力と戦闘能力で、“虎浪の族”と呼ばれる伊賀の忍びたちの間でも一目置かれていた。その頃、伊賀の隣国・伊勢の領主・北畠具教が娘婿で織田信長の次男・織田信雄に殺される。伊勢を手に入れた織田家は、次は伊賀の地までその勢力を伸ばそうとしていた。伊賀では織田家の軍門に下ることを評定により決定するが、使者となった下山平兵衛は人を人とも思わぬ伊賀者たちに絶望し、伊賀を裏切ろうとしていた…。

「忍びの国」の解説

「のぼうの城」、「村上海賊の娘」などで知られる和田竜が史実である天正伊賀の乱を元に描いた同名小説を『殿、利息でござる!』、『予告犯』の中村義洋監督が映画化。“虎狼の族”と呼ばれ、金で雇われて人を殺すことを生業とする伊賀の忍びたちが、織田家に立ち向かっていく様を描く。伊賀を牛耳る上忍、金で動く下忍、北林家の家臣、織田信雄、それぞれの思惑が入り乱れ、激しい戦いが繰り広げられていく。主人公が忍びの者ということで、パルクールのようなアクションや激しい剣戟も満載。大野智の身体能力を生かした演出や、伊勢谷友介、鈴木亮平らが見せる緊迫感あふれる殺陣のなども見所だ。無門の妻・お国を演じる石原さとみの凛とした佇まいも美しい。

忍びの国のイメージ画像3

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年7月1日
キャスト 監督中村義洋
原作・脚本和田竜
出演大野智 石原さとみ 鈴木亮平 知念侑李 マキタスポーツ 平祐奈 満島真之介 でんでん きたろう 立川談春 國村隼 伊勢谷友介
配給 東宝
制作国 日本(2017)
上映時間 125分
公式サイト http://www.shinobinokuni.jp/

(C)2017 映画「忍びの国」製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:4.64点★★★★☆、33件の投稿があります。

P.N.「ぷちこ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-09-21

1度見ただけでは最初わかりませんでした(笑)コメディ要素が前面に出てたからだと後で分かりましたが何故か後を引く映画です。観客も術に掛かってしまったのでしょうね。現代を風刺した画面もグッときます。


レビューを投稿する

「忍びの国」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-09-24 00:01:46

広告を非表示にするには