つながれたヒバリ 作品情報

つながれたひばり

チェコスロヴァキアの冬の時代人々を描く

一九四八年チェコ。社会主義国家の建設に馴染まない者を再教育するためのスクラップ工場では七人の男たちが働かされていた。彼らはブルジョワぞろいというわけではなく、どちらかといえば庶民の側の者ばかりだ。その中でも一番若いユダヤ人のもとコック、パヴェルはいつも監視役の職場代表にたて突いてばかりいる。

「つながれたヒバリ」の解説

社会主義国家の建設が進む中でのチェコスロヴァキアの冬の時代をしたたかに生きぬこうとする人々の姿を描く作品。製作はユラチェック・クチェラ、監督は「スイート・スイート・ビレッジ」のイルジー・メンツェル、脚本は原作者のボフミール・フラバルとメンツェルの共同、撮影はヤロミール・ショフルが担当。出演はヴァーツラフ・ネッカーシュ、ルドルフ・フルシンスキー、イトカ・ゼレノホルスカーほか。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督イジー・メンツェル
出演ヴァーツラフ・ネッカーシュ ルドルフ・フルシンスキー ヴラスティミール・ブロドスキー イトカ・ゼレノホルスカー
制作国 チェコスロバキア(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「つながれたヒバリ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-11 10:26:07

広告を非表示にするには