ブルーハーツが聴こえる 作品情報

ぶるーはーつがきこえる

ザ・ブルーハーツの6曲を映画化

ブルーハーツが聴こえるのイメージ画像1
ブルーハーツが聴こえるのイメージ画像2

“日本代表”のロックバンドにして、音楽界のスーパー・レジェンド、THE BLUE HEARTS。1995年に解散した彼らだが、そのシンプルで力強いビート、ストレートで親しみやすいメロディー、まっすぐ心に響く歌詞は、後続のロックバンドのみならず、日本のカルチャーシーン全体に多大な影響を与えた。もちろん以降も世代・時代を超えて、常に新たなファンを増やし続けている。そんなTHE BLUE HEARTSに衝撃を受けた6人の気鋭監督が、2015年のバンド結成30周年を機に、奇跡の企画を実現。監督それぞれが思い入れのある楽曲「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」「情熱の薔薇」「1001のバイオリン」をチョイスして自由な解釈で映像化し、全力のオマージュを捧げた。人生の普遍的な営みや感情の機微を優しく見つめつつ、明日への一歩をそっと後押しするような珠玉の物語が、名曲とともに描かれる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2017年4月8日
キャスト 監督飯塚健 下山天 井口昇 清水崇 工藤伸一 李相日
出演尾野真千子 市原隼人 斎藤工 優香 永瀬正敏 豊川悦司
配給 ティ・ジョイ
制作国 日本(2016)
上映時間 159分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:2点★★☆☆☆、1件の投稿があります。

最終更新日:2020-12-03 13:26:43

広告を非表示にするには