刑事物語 東京の迷路 作品情報

けいじものがたりとうきょうのめいろ

“刑事物語”シリーズの第一作

ドヤ街近くで城南警察署の南刑事が殺害された。警察学校で南刑事と同期だった若い佐藤保郎刑事は、警視庁から派遣されて早々に、意気ごんでこの事件ととりくんだ。殺気だってはやる彼の表情を、同じ警察署に勤める老練な、保郎の父親佐藤源造刑事がやさしく見守っていた。相捧吉川刑事とドヤ街に乗りこんだ保郎は、ハジキ売人村西五郎を強引に逮捕して、拳銃からネタを割ろうとしたが失敗した。

「刑事物語 東京の迷路」の解説

新しく登場した“刑事物語”シリーズの第一作。大和田健一の原作を、野々晃・小杉勇が脚色、「おヤエの女中の大将」の小杉勇が監督した。撮影は「夜霧の空港」の中尾利太郎。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小杉勇
出演益田喜頓 待田京介 青山恭二 香月美奈子 広岡三栄子
制作国 日本(1960)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「刑事物語 東京の迷路」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-04-23 00:03:04

広告を非表示にするには