ホドロフスキーの虹泥棒 作品情報

ほどろふすきーのにじどろぼう

ホドロフスキー監督初のメジャー大作

ホドロフスキーの虹泥棒のイメージ画像1
ホドロフスキーの虹泥棒のイメージ画像2

ルドルフは飼い犬のダルメシアンにしか興味がない風変わりな大富豪。ある夜、彼の遺産にしか興味のない親族を招いて晩餐会を開いたが、そのさなか、ルドルフの常連の売春婦たち-レインボウ・ガール-が到着する。招待客を差し置いて乱痴気騒ぎをするルドルフだったが、その場で心臓発作になり昏睡状態に陥ってしまう。早くも親族たちは遺産について言い争うが、ルドルフと同じく風変わりな甥のメレアーグラに全ての遺産が渡ってしまうのではないかと気が気ではなかった。親族たちのやり取りを聞いてしまったメレアーグラは愛犬クロノスと共にその場を静かに去ってしまう…。そして5年後、メレアーグラはコソ泥のディマと地下下水道で暮らしていた。愛犬のクロノスは既に死んでしまっていたが、二人はメレアーグラの叔父ルドルフの死と相続できるであろう遺産を待ちわびて日々を暮らしていたのだが…。

「ホドロフスキーの虹泥棒」の解説

独特の映像美と世界観から世界中のファンを虜にするアレハンドロ・ホドロフスキー監督が、『アラビアのロレンス』『将軍たちの夜』のピーター・オトゥールとオマー・シャリーフ、『吸血鬼ドラキュラ』『シャーロック・ホームズの冒険』のクリストファー・リーを配して創りあげた長編第6作目にして初のメジャー資本、また初のイギリス映画。1990年にヨーロッパのみで公開されたものの、アメリカや日本では未公開。2016年、ホドロフスキー監督監修によるディレクターズ・カット版(92分・公開当時は87分)で日本初公開となった。(作品資料より)

ホドロフスキーの虹泥棒のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年11月12日
キャスト 監督アレハンドロ・ホドロフスキー
出演ピーター・オトゥール オマー・シャリフ クリストファー・リー ジョアンナ・ディケンズ イアン・デューリー
配給 アーク・フィルムズ
制作国 イギリス(1990)
上映時間 92分

(C)1990 Rink Anstalt /(C)1997 Pueblo Film Licensing Ltd

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ホドロフスキーの虹泥棒」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-07-30 18:24:23

広告を非表示にするには